4歳と2歳のディズニーランド その4 | 4歳の絶叫マシン体験記 - TREASURE / トレジャー日記

4歳と2歳のディズニーランド その4 | 4歳の絶叫マシン体験記

4歳と2歳とディズニードその3 『ディズニー・イースター2019 うさたま大脱走! 』 の続き

4歳そろそろ体力の限界か?


朝から大ハッスルし、炎天下の中、トムソーヤ島で走り回った4歳のこぷ~すけは、さすがに体力の限界と感じたので、ベビーカーに乗せることにしました。
赤ちゃん以来のベビーカーに乗って、ファストパスチケットを取ってあるスプラッシュマウンテンまで移動します。
IMG_20190423_121719.jpg

しかし、これまた1年ぶりぐらいの抱っこ紐に装着しようとした2歳のみおへいは、抱っこ紐をかたくなに拒否し、自分のベビーカーを取られまいとこの後ベビーカーを奪ってしまったので、こぷ~すけはほんの少しの時間ベビーカーに乗車しただけで、後はずっと歩く事になってしまいました。

スポンサーリンク

スプラッシュマウンテン


スプラッシュマウンテンの乗り場に来ると、人々が絶叫しながら滝から落ちるコースターを見てちょっと怯んでしまったのか、こぷ~すけは乗車を渋り、朝乗ったガジェットのゴーゴーコースターにもう一度乗ったら、スプラッシュマウンテンに乗ってもいいと言い出したので、再びトゥーンタウンへ。

● ガジェットのゴーゴーコースター
朝は待ち時間が無かったコースターは、30分ぐらいの待ちになっていました。
朝は私が一緒に乗ったので、今回は妻とこぷ~すけの二人で乗ってもらったのですが、絶叫マシンが苦手な妻は、この1回のミニコースターだけでダウンしてしまいました。

この間、みおへいはベビーカーでぐっすり昼寝していました。

試しに朝スゴイ行列だった、ミッキーマウスと一緒に写真が撮れる、ミートミーミッキーを覗いてみると、更に待ち時間が伸びていました。
この行列を見て、今回はミッキーとの写真撮影は諦めました。
ミッキーさんも一日お疲れさんです!

こぷ~すけはミニコースターに乗って心の準備が出来たようなので、嫁とみおへいを残しスプラッシュマウンテンへ向かいました。

● スプラッシュマウンテン
さすがに私自身も4歳児にスプラッシュマウンテンはまだ早いかなと思いましたが、先ほどまで怖がっていたこぷ~すけは何故か私の手をグイグイ引っ張って、スプラッシュマウンテンに向かって駆けて行きました。

たぶん怖いと思うけど、頑張って乗れたらクマのプーさんのハニーポップコーンを買ってあげるね、と約束。

乗り場までやってくると多くの人が列を作っていて、案内表示を見ると一般の待ち時間は90分待ちとなっていましたが、ファストパスチケットを持っている私たちは、並んでいる人達を横目に、先頭付近まですぐに案内されました。
IMG_20190423_143614.jpg

入口の所から乗り場までは長い洞窟のようになっていて、冗談抜きで1000人ほどの人が列を作っていました。

さて、初めてスプラッシュマウンテンに4歳児を乗せてみた感想ですが、最後の急斜面を滑り落ちて水浸しになった所で、「怖かった?」と聞いてみると、「全然怖くなかったよ!」と頼もしい答えが返ってきました。
確かに乗っている時にも特に取り乱すような様子もなく、大したものだと思っていたら、出口付近に急斜面を滑り落ちている時の写真がモニターに表示されているのですが、その写真でこぷ~すけを確認すると、この世の終わりみたいな顔をしていて、父ちゃんはほっこりしてしまいました。
写真は買いませんでしたが、とりあえずスマホで撮って、その写真は今では父ちゃんの宝物になりました。

スプラッシュマウンテンが乗れたので、このあとビッグサンダーマウンテンにもチャレンジしてみることにしました。

●ビッグサンダーマウンテンのFP取得
ビッグサンダーマウンテンのファストパスは、乗れるかどうか解らなかったけど、スプラッシュマウンテンに乗る前に一応取得しておきました。

ミニコースターは楽しそうに乗っているし、スプラッシュマウンテンよりもコースター系の方が相性が良さそうだったので、また乗り場近くまで連れて行き「アレにも乗ってみる?」と聞くと、「乗りたい!」と元気よく答えてくれました。

正直、まだ4歳児のこぷ~すけがこんなにも絶叫マシンに乗ってくれるとは思ってもいなかったので、これは嬉しい誤算でした。
と言うのも、ディズニーランドのチケットには基本的に乗り放題のフリーパスしか設定が無いので、乗り物にあまり乗れないとなるとただでさえ値段が高いのに、何だか損した気分になるからです。

でもこの二大絶叫マシンを制覇出来たので、父ちゃん的には大満足です。

ビッグサンダーマウンテンは、全く怖がる事もなくとても楽しそうに乗っていました。
乗る前に係りのオジサンに止められて、身長制限ギリギリでパスしたと言うのに、本当に大したものです。


ちょっとお腹もすいてきたので、夕飯にはちょっと早めでしたがハングリーベア・レストランにカレーを食べに行きました。
このレストランはハウス食品の提供なので、カレーは安定の旨さだしボリュームも満点でお値段のお手頃でした。


●イッツアスモールワールド(2回目)
一通り乗りたい物に乗れたので、子供達にもう一度乗りたいアトラクションがあるか聞いてみると、2人とも声を揃えて「イッツアスモールワールド」と答えていたので、さっそく向かいました。
イッツアスモールワールドは相変わらず10分程度の待ち時間だったので、すぐに順番がやってきたのですが、何と今回は最前列の席をゲット!
最前列でイッツアスモールワールドの世界を思う存分楽しめました。
DSC_9491_20190423_3765.jpg


DSC_9495_20190423_3769.jpg



●空飛ぶダンボ
次に乗ったのが、朝からずっと35分待ちぐらいの待ち時間の空飛ぶダンボ。
待ってまで乗るほどのアトラクションではないかなと思ったのですが、こぷ~すけがどうしても乗りたいと言うので並ぶことにしました。

結果的にこの空飛ぶダンボが、この日一番(入場を除く)並んだアトラクションになりました。

●メリーゴーランド
空飛ぶダンボの待ち時間の間、嫁+みおへいで隣のメリーゴーランドへ。

2歳のみおへいにはメリーゴーランドがとっても楽しかったようです。


ここで時刻は18時過ぎ。
すでにやりきった感がありますが、せっかくなので19:30からのエレクトリカルパレードまで見て帰る予定でした。

しかし、朝から元気いっぱいに走り回っていた子供達は、いよいよ体力の限界を迎えたようです。

パレードまで時間を潰す為に、ワールドバザールでお土産を見る事にしたのですが、一軒目のお土産屋へ入ったぐらいから、こぷ~すけは帰りたそうになり、お土産屋の外に出ると、「もう帰りたい!!」と言い始めました。
段々暗くなりイルミネーションが輝き始め、あと30分ぐらいでエレクトリカルパレードも始まる時間だったので、「もうちょっとでパレード始まるよ?」と説得しようとするも、「ヤダ!もう帰る!」と引かないので、エレクトリカルパレードは次の楽しみと言う事で、今回はここで帰ることにしました。
開園1時間前から並んでたから、そりゃ疲れるよね。。

パレードは少し心残りですが、夜の幻想的なシンデレラ城なんかも見る事が出来たし良しとしましょう。
DSC_9520_20190423_3793.jpg


帰りも駐車場から出るまでの渋滞を心配していたのですが、エレクトリカルパレード間際の退場だったので、渋滞もなく1時間ほどで家に着きました。


感想


私自身、2度目となるディズニーランドの感想は、、、
「めっちゃ楽しかった!!!」です。

特に4歳のこぷ~すけの反応が良く、すごく楽しそうにしていたので、親としても大満足。
こぷ~すけは、赤ちゃんの頃からつい最近まで着ぐるみやペッパー君などが苦手で、見つけると走って逃げたりしていたので、ディズニーのキャラクター達が目の前に現れると、取り乱すのではないのかと思っていたのですが、今回は自分から近付いて触ったりしていました。
本当に成長したなと思いました。

今回、ディズニーランドをより満喫出来るようにと、開園前から並んで気合を入れて来ましたが、小さな子供連れの場合、そんなに頑張らなくても良かったかなと思いました。
と言うのも、待ち時間が長いアトラクションは絶叫マシンが中心で、小さな子供が楽しめるようなアトラクションは終日10分待ち程度だったからです。
どうしても乗りたいアトラクションはファストパスを取得しておいて、ファストパスの利用時間が来るまでは、すぐに乗れるアトラクションを楽しみながら過ごせば、長い待ち時間で子供がぐずったりしないで済むと思います。

今まで自分の勝手なイメージで、ディズニーランドは高いお金を払って行列に並びに行くところだと思っていましたが、便利なファストパスチケットや、非日常を感じられる凝った場内の作りなど、思いのほか楽しむ事が出来ました。

これは近いうちにディズニーシーにも行ってみないといけませんね。
40歳を過ぎて、すっかりファンになってしまいました。。

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

https://ark-treasure.com/tb.php/977-37b1ff92

スポンサーリンク