伊勢原の『寿雀卵(じゅじゃくらん)』で卵かけごはん - TREASURE / トレジャー日記

伊勢原の『寿雀卵(じゅじゃくらん)』で卵かけごはん

先日、伊勢原に栗拾いに行った時、あるお店に車が次々と入って行くのが目につきました。

そのお店がコチラ。

IMG_20171001_122815.jpg

伊勢原にある『寿雀卵(じゅじゃくらん)』と言う、卵の直売所のようです。

いつも伊勢原に行く時は違う道を通る為、今まで知らなかったのですが、今回たまたまナビが渋滞回避の為か、いつもとは違うルートを示したので、ナビの指示に従って走っていた所、偶然にも発見しました。


スポンサーリンク

この日の目的は栗拾いだった為、行きはスルーして栗拾いに向かったのですが、ずっとこのお店の事が気になっていたので、帰る前にスマホで検索してみると、テレビで何度も紹介されている人気店だと言う事がわかりました。

これは買って帰るしかない!と思ったのですが、あまりの人気の為、休日は午前中で売り切れてしまう事もあるようなので、急いでお店に向かいました。

IMG_20171001_122809.jpg

お店に近づくと、朝と変わらず次々と車が駐車場に入って行きます。

本当にスゴイ人気なんですね。

期待に胸を膨らませお店に入ってみると、まだまだ豊富に卵が並んでいました。

IMG_20171001_122622.jpg

それでも前に並んでいる人達が、「5パック下さい!」とか「10パック下さい!」と、まとめ買いしていた為、本当に飛ぶように売れていました。

私はと言うと、試しに1パック買ってみるかぐらいの気持ちだったのですが、皆さんの勢いに釣られて、「2パック下さい!」と、つい2パック買ってしまいました。

でも卵は大好きなので、2パックぐらい、すぐに食べてしまう事でしょう。


寿雀卵(じゅじゃくらん)で卵かけごはん



早速家に帰って食べてみる事にしました。

DSC_1255_20171001_7103.jpg

新鮮な美味しい卵が手に入ったら、やっぱりアレしかありませんよね。

そう、「卵かけごはん」です。

卵を割ってみると、黄身が濃くハリがあって、見ただけでも美味しそうなのが解りました。

DSC_1260_20171001_7108-crop.jpg

今回はちょっと変わった食べ方をご紹介。


普通、卵かけごはんは醤油で味付けするのが一般的ですが、ずっと前に居酒屋の締めのメニューで食べた卵かけごはんの食べ方が美味しくて、たまに真似して作っています。

作り方は簡単、卵に胡麻油を少々、塩を少々、醤油を数滴たらすだけ。

ちょっと高級な塩を使うと美味さ倍増です。

この食べ方だと、黄身の味がより濃厚に味わえる気がします。
(きっと胡麻油の効果だと思いますが)

あまりの美味しさに、ペロリとお茶碗一杯食べてしまいました。


自分だけではズルいので、子供たちにもこの卵を使って、出汁巻玉子を作ってあげると、こちらも美味しそうにバクバク食べてくれました。

DSC_1257_20171001_7105.jpg

↑良くある箸で黄身を持ち上げた写真を撮ろうとして、失敗した写真。
不器用ですいません・・・


卵はMSサイズで1パック289円(税込)でした。

スーパーで買うよりはちょっと高いけど、とても美味しかったので、近くを通ったらまた買って帰りたいと思います。


スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

https://ark-treasure.com/tb.php/824-5785441c

スポンサーリンク