二宮 吾妻山でお花見登山 - TREASURE / トレジャー日記

二宮 吾妻山でお花見登山

2018年4月1日

二宮の吾妻山でお花見をしてきました。
DSC_4072_20180401_9710.jpg


吾妻山と言えば菜の花が有名で、1月~2月の菜の花が見頃の時期には毎年のように訪れていますが、山頂の芝生の広場には桜の木もたくさんあるので、桜の時期にも一度来てみたかったのです。


ちょうど桜が満開の時期で、道路も駐車場も混雑が予想されるので、今回は車ではなく電車で向かう事にしました。

スポンサーリンク

二宮駅を降り、5分程坂道を歩くと、吾妻山公園の入り口に到着します。
DSC_4032_20180401_9670.jpg

この階段は、300段!
小さな子供連れの我が家にとっては最大の難関です。

長男のこぷ~すけがお腹の中に居た時から、たびたび訪れているこの吾妻山。
ある時はこぷ~すけを背負って登り、またある時はみおへいを背負って登ったりしていましたが、最近では子供達も自分で歩いて登れるようになったので、来るたびに子供達の成長も感じる事が出来ます。

1月に吾妻山に登った時は全然歩こうとしなかった妹のみおへいは、今回は果敢に階段に挑んでいました!
⇒1歳にはまだこの階段はキツイので、途中からは抱っこして登りました。

DSC_4037_20180401_9675.jpg


一方、お兄ちゃんのこぷ~すけは、この階段をものともせず駆け上がって行きます。
DSC_4041_20180401_9679.jpg

みおへいを抱えているとは言え、こっちはこぷ~すけに着いて行くのがやっとです。

ようやく階段が終わり、景色を楽しむ余裕が出て来ました。

DSC_4043_20180401_9681.jpg

このあたりの桜が、下から見えていたのかな。
DSC_4044_20180401_9682.jpg

スイセンは終わり、シャガの花が綺麗にさいていました。
DSC_4045_20180401_9683.jpg



階段が終われば、あとは山頂までなだらかな登りが続きます。

この登山道のような道もみおへいは、頑張ってお兄ちゃんを追いかけていました。
DSC_4048_20180401_9686.jpg


長いローラー滑り台の終着地点までやってきました。
このあたりは桜が満開でした。
DSC_4053_20180401_9691.jpg

山頂へと急ぎたい所でしたが、遊具を目にして子供達は一目散に駆け寄っていきました。

DSC_4060_20180401_9698.jpg

DSC_4061_20180401_9699.jpg

この網を、1才のみおへいは一人で登り切ってびっくり(こぷ~すけがこういう網網を登れるようになったのは3才近くでした)
DSC_4062_20180401_9700.jpg


放っておくと下りの体力も使い果たしてしまいそうな勢いだったので、お弁当で釣って山頂に向かいました。

吾妻山山頂からの眺め


そして楽しみにしていた山頂からの眺めがコチラ。

菜の花も僅かに残っていて、海と桜、菜の花のコラボレーションが楽しめました。
DSC_4065_20180401_9703.jpg
うっすらと富士山も見えました。

この日は天気も良く、桜はもちろん芝生の緑や海の青がとっても綺麗だったのですが、カメラの設定をちゃんと確認していなくて、全体的に暗い写真になってしまいました。



この360度のひらけた展望、特に桜と海を見ながらお花見を楽しめる場所はなかなかないのではないでしょうか。

DSC_4072_20180401_9710.jpg

吾妻山の魅力をまた一つ発見してしまいました。


我が家もお弁当を広げてお花見です。
DSC_4083_20180401_9721.jpg

DSC_4085_20180401_9723.jpg


桜の木の下には普段では見られないぐらいの人たちが集まっていましたが、それでも有名なお花見スポットに比べれば空いていて、ゆっくり花見が楽しめました。
DSC_4082_20180401_9720.jpg

お弁当を食べ終わるやいなや、こぷ~すけはローラー滑り台へ走って行ってしまいました。


最後に、満開の桜の前でみおへいを撮影。

このGO CAMPの服、実はこぷ~すけの服なのですが、これしか着ないと譲らなかったので、なんかちぐはぐな恰好です。
(本人は大満足なようでしたが)

DSC_4092_20180401_9730.jpg

ローラー滑り台を一回滑り終え、もっと滑りたい様子でしたが、いつもガラガラな滑り台が、今日は順番待ちの長い列が出来ていたので、また近いうちに来ることを約束して、下山することにしました。

DSC_4108_20180401_9746.jpg

実はこの後予定があり、できれば20分後の電車に乗りたかったのですが、それはいくらなんでも子供二人連れで無理だろうと諦めかけていたところ、結果的にはなんと15分で山頂からホームまでたどり着いてしまいました。

こぷ~すけが最後まで全然疲れをみせず、むしろ大人の我々が疲れて足を引っ張っていた方で、最近はまた一段と体力が着いたなと感じます。

これなら来週から始まる、毎日の幼稚園への通園も楽々でしょうね。

むしろみおへいを背負って付き添う、嫁の方が心配です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/892-ea30a933

スポンサーリンク