富士登山 須走ルート 1 | プロローグ - TREASURE / トレジャー日記

富士登山 須走ルート 1 | プロローグ

2012年7月29日


なんの前ぶれもありませんでしたが、富士山に登って来ました。

富士山_169 (125)

(今回から写真を大きくしました。せっかく重い一眼レフ持って山に登っているので…)


スポンサーリンク


北アルプス登山まで一ヶ月を切り、次はドコの山で修業を積もうか?

なんて思っていた時、登山関連のブログなどで、「山開き後の富士山に登った」 と言う記事が、次々とUPされていくのを見て、自分も富士山に登りに行く計画を立て始めてしまいました。



最近ブログの更新を怠っていたのは、その準備で忙しかった為(と、飲み会が多かった為)です。



私にとっても富士山は一度は登ってみたい山だったのですが、こんなに早く行くとは思いませんでした。




登った事がある人から話を聞くと、「もうニ度と行きたくない」とか、「とても良かったからまた行きたい」とか色々な意見がありますが、みんな最後には

一度は絶対登った方がいい! と口を揃えたように言います。



そんなに言うなら行ってやろうじゃないか!



と、言うわけで準備に明け暮れる日々を送っていました。



まずは自分のスペックを確認。


・ 装備不足

・ 経験不足

・ 運動不足


・・・・・・・

・・・・・

・・・




これはよほど入念な計画を立てなければ!!





まずは日程。

富士山の登山シーズンは7、8月の2ヶ月間だけ。

さらに土日は山頂付近では渋滞も発生するとの事。

なんとしても平日を絡めたかったので、月曜日に有休を取って日、月の日程で登る事にしました。



次に、週間天気をずっと眺め、天気の良い週末を選び、7/29(日)~7/30(月)に決行する事に決めました。

なんせ装備不足なもので、雨だけは避けたかった。



最後に大事なのは登山ルート。

富士山には代表的な4つのコースがあるとの事。

① 吉田口  (2,305m) 途中、山小屋も多く利用者も一番多い  

② 富士宮口 (2,400m) スタート地点の標高が一番高い為、最短コースとなる           

③ 須走口  (2,000m) スタート地点の標高は低いが比較的空いている

④ 御殿場口 (1,440m) 一番距離が長い経験者向けのコース




ネットなどで色々調べた結果、比較的空いていて、景観の変化も楽しめるという須走口ルートに決定。


そして遂に、2012年7月29日(日)富士山登山を決行しました。







自宅~富士山須走五合目まで



今回は登山口まで電車とバスで向かいます。

ルートは

都内 - (東海道線) - 国府津駅 - (御殿場線) - 御殿場駅


11:15の御殿場駅発、須走登山口行きのバスで登山道を目指します。

都内からでも、8:00ぐらいに出発すれば間に合います。



都内から一時間半程度で、順調に国府津駅に到着。

富士山__03



ここで待ち時間があったので、朝駅で買ったおにぎりで朝食を済ませます。

富士山_



そして9:42発の御殿場線に乗り込みます。

富士山__04



10:30

この日は時間に余裕を持って出発した為、順調に御殿場駅まで到着。

富士山__07

(到着時、写真撮るの忘れていた為、写真の時計は11:00過ぎになっています)



富士急バスのチケット売り場で、登山口までの往復チケットを購入。

バスは片道1,500円ですが、往復だと2,000円と1,000円もお得です。




バスが来るまで、まだ少し時間があったので、駅前を散策。


すると駅前にこんなものが。

富士山__06

富士の火山弾だそうです。


この辺りまで飛んで来たんでしょうか?





この日は日曜日だった為、土・日で富士山に登って帰って来た人達が、駅前に沢山いました。

登山口から帰って来るバスはどれも人であふれていました。



登山口までのバスで座れなかった場合、須走登山口まで一時間も立ちっぱなしになる為、バス乗り場の様子を伺いながら早めに乗り場に並んでみました。


11:15

時間通りにバスが到着。早速乗り込みます。

富士山__08


気合を入れて並んでいたのですが、バスの中はご覧の通り。

富士山__09

乗客は私達を含めて、全部で5人だけでした。



ゆったり座って登山口に向かいます。

富士山__10


富士山__11



バスでドンドン山道を登って行くと、

富士山__12

急に霧と言うか雲が立ち込めて来ました。



途中はほとんど前が見えないほど・・・

富士山__15


実は直前の天気予報では、この日の天気が「晴れ時々にわか雨か雷雨」に変わっていたのです。


登山口に着いてドシャ降りだったら、今回は諦めようかなと弱気になります。

にわか雨はいいけど、雷雨はシャレにならん・・・



12:15

そんな事を色々考えている内に、バスは須走口5合目(標高2,000m)に到着。

富士山__16

晴れてはいないけど、雨は降ってなさそうです。

登山口はスゴイ人の数でしたが、ほとんどが下って来た人達のようです。



さあ、早速登山開始!と行きたい所ですが、ここは標高2,000m。

富士山_17


この時点で平地の75~80%程度の酸素しかないらしい。

高度順応の為、しばらくここで休憩します。



ここでネットで美味しいと評判の、東富士山荘のキノコうどんを食べる事にしました。

富士山__25


これは最初に出されたキノコ茶。

富士山__22

いいダシが出ていました。(お土産用も売っていました)


そしてこれが名物のキノコうどん、900円。

富士山__24

色々な種類のキノコがたくさん入っていて美味しかったです。


ちなみに店の横のトイレは1回200円となっているのですが、食事をすればタダで使わせてもらえます。

そう、ここはすでに富士山の5合目。

小銭無しではトイレに行く事も出来ないのです。



食べ終わってもまだ時間があるので、しばらく辺りを散策。

富士山__18



看板でルートを確認したり、ストレッチをしたりしながら過ごしました。

富士山__28



13:00

いよいよ登山道に向かいます。

富士山__30



山頂までは6.9km、5時間10分の道のり。

富士山__29


本日のゴールは本7合目の山小屋、見晴館です。



この古御嶽神社の奥から登山道になります。

富士山__31


しっかり安全祈願をしていよいよ富士山登山の始まり。



さあ、日本の頂きを目指すぞ!!




『須走登山口~本七合目見晴館』へ続く

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/83-ca6998f2

スポンサーリンク