ダイソンが我が家にやって来た!布団ノズル付き Dyson V6 ハンディクリーナー - TREASURE / トレジャー日記

ダイソンが我が家にやって来た!布団ノズル付き Dyson V6 ハンディクリーナー

今更ながらですが、我が家にもついに「ダイソン(Dyson)」の掃除機がやってきました!

IMG_1612.jpg

買ったのは普通のダイソンではなく、2万円台のハンディークリーナータイプのモノです。

子供が毎日布団の上でドタバタして、ホコリが立つのが気になり、ずっと布団クリーナーを探していたのですが、このダイソンのハンディークリーナーにも布団用のノズルが付いている事が解り、こちらを選んでみました。

布団専用の奴を買うよりは、ノズルを買えただけで普段の掃除にも使えるし、小型の充電式なので車の掃除などに使える所も、このダイソンを選んだ理由です。



スポンサーリンク

ダイソンの吸引力・布団編


自宅に届いてすぐに充電して、さっそくCMなどでもお馴染みの、
『ダイソンの吸引力』を試してみる事にします。(ワクワク)

新しい電化製品ってワクワクしますよね!?

IMG_1614.jpg

充電ケーブルはちょっと安っぽい感じですね。


まずは一番の目的でもある、布団を吸ってみる事にします。

DSC_1126_20170920_6981.jpg

早速スイッチを入れて吸わせてみると、フワフワしたホコリと合わせて、砂よりももっと細かい、灰色の粉が溜まり始めました。

この粉はダニの死骸やフンなどでしょうか・・

「今までこんな大量のホコリの上で寝てたのか?!」

と、ショックを受けたのと同時に、吸えば吸うほどホコリが取れるのでなんだか楽しくなってしまいました。

ちなみに、布団クリーナーといえば、有名なのは「レイコップ」だと思いますが、生きたダニが爪で布団を掴む力は物凄く、レイコップでは生きたダニを充分に吸い込むことはできず、やはりダイソン級の吸引力が必要なのだそうです。

「お前達(=ダニ)、もう俺のダイソンからは逃げられないぜ!」
(↑すっかりお気に入りの模様)

ダイソンの吸引力・カーペット編


この布団クリーナーとしての性能だけでも驚いたのですが、後日付属品のミニモーターヘッドを使って、カーペットを掃除してみると更に驚くべき性能を発揮しました。

普段掃除機をかけているカーペットの部屋で使ってみた所、モーターヘッドに付いている回転するブラシが、カーペットの奥に入り込んだホコリや髪の毛などを掻き出して、驚くほど大量のゴミがカップの中に溜まっていきました。

IMG_1617.jpg

これは、、ダイソンが実はゴミ発生器なんじゃないかと疑うレベルです。

そんな訳で、すっかりダイソンの性能の虜になってしまいました。

取ったゴミが目で見て確認出来るのも楽しくて、使い始めるといつも充電が切れるまで一心不乱にゴミを吸い続けています。

連続で使い続けると10分ぐらいで充電が切れてしまうのですが、その短い時間が、ちょっと掃除をするのにちょうど良い気がします。

料理以外の家事は苦手な私ですが、このダイソンのハンディークリーナーを買ったおかげで、家に帰ってダイソンをするのが楽しみの日課となりました。


買ったのはこちらのダイソン


買ったのはこちらです。


以下は同梱されていたセット内容。

・ 本体
・ 充電器
・ ミニモーターヘッド
・ 布団用ノズル
・ 隙間ノズル
・ コンビネーションノズル

付属品もなかなか充実しています。


ダイソンは見た目も何だかカッコ良くて、男心をくすぐるデザインだと思います。


そういえば、私の友人達も普段は掃除とは無縁な感じですが、何故か皆『ダイソンが欲しい』って言っています。

世の奥様方、ダイソンを買い与えると、旦那さんが掃除を手伝ってくれるようになるかも知れませんよ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/829-2506e282

  HOME  

スポンサーリンク