モンベルの子供用登山靴を履いて湘南アルプス登山 - TREASURE / トレジャー日記

モンベルの子供用登山靴を履いて湘南アルプス登山

少し前の話になりますが、GWの最終日にこぷ~すけと湘南アルプス登山に行って来ました。


前回行った時、こぷ~すけは普通のスニーカーで何度も足を滑らせて転びそうになっていたので、今回はモンベルの子供用登山靴を履いての挑戦です。

IMG_0416_20170606225935d74.jpg


スニーカーとの違いが解るでしょうか?


スポンサーリンク

平塚駅からバスで化粧坂バス停へ


今回もバスに乗って登山口のある高来神社にやってきました。

IMG_0415_20170606225933f99.jpg


軽くお参りをしてさっそく登って行きます。

IMG_0420_20170606225930c9b.jpg


おろしたての登山靴ですが、しっかりと地面を踏みしめて登って行っています。

IMG_0425.jpg


先は長いので、小まめに水分補給をしながら、ゆっくりゆっくり登っていきます。

IMG_0418.jpg


登山道にはキレイな花が咲いていました。

IMG_0430.jpg


ちょこちょこ登山に行くのに、花の名前は全く解りませんが…


この日は小さな子供連れの登山者も多かったのですが、登山靴を手に入れた今、他の子供達よりもこぷ~すけの装備の方がしっかりしています。


さらに登って行くと、高麗山の直下の長~い階段が現れました。

IMG_0431.jpg


体力面だけで言うと、ここが一番の難所です。


半分ぐらい登った所で、いつもこぷ~すけの抱っこ攻撃が始まるんですよね。

まだ、2歳だから無理もないですね。


なんとか階段を登り切り、高麗山の山頂に到着。

IMG_0433_201706062259081d0.jpg


167.3mと言う標高の割には、本格登山を味わえるコースです。

ここでも少しだけ休憩を取って、先に進みます。


高麗山から湘南平まで縦走


ここから湘南平まで縦走の始まりです。

IMG_0441.jpg


軽いアップダウンを繰り返しながら進んで行きます。


途中の橋の上で、はいポーズ。

IMG_0435.jpg


登山靴が少し大きく見えますね。


こんな尾根っぽい道も現れます。

IMG_0436.jpg

勝手にここを、湘南アルプスのナイフエッジと呼んでいます。



しばらく進むと、第二の山、八俵山の山頂に到着。

IMG_0438.jpg


ここまではすぐだったので、休憩せずに次の浅間山を目指します。

IMG_0440_20170606225833a54.jpg


この先にはこんな立派な橋もあります。

IMG_0437_201706062258368eb.jpg


そしてまたまたすぐに第三の山、浅間山に到着。

IMG_0445_20170606225822abf.jpg

この浅間山がこのルートの最高地点となります。


ここでゆっくりと休憩を取って、おにぎりを食べました。

IMG_0444_20170606225820f12.jpg


まだまだこぷ~すけは元気いっぱいです。



しっかり休んだあと、湘南平の展望台を目指して歩き始めました。


この浅間山の先に少し急な下りがあり、砂も浮いていて非常に滑りやすい所があります。

IMG_0446.jpg


前回、スニーカーで挑んだこぷ~すけは、ここで何度も足を滑らせていたのですが、今回は登山靴のおかげか、一度も足を滑らせることなく下って行けました。


やはり登山の時はちゃんと登山靴を履くべきですね。


湘南平でご褒美のおやつタイム


そして無事に、湘南平まで到着する事が出来ました。

IMG_0449_20170606225817f37.jpg



ここでは藤の花の下のベンチで、ご褒美のおやつを食べました。

IMG_0452.jpg


IMG_0450.jpg



せっかく来たので展望台にも登ってみました。

IMG_0453.jpg


この眺めもご褒美ですね。


展望台の床には、なにやらアートな作品がありました。

IMG_0457_2017060622580006c.jpg


前来た時には無かったような・・・?


今回もここから大磯駅方面に下って行きます。

IMG_0461_20170606225801419.jpg



下りもこぷ~すけは元気いっぱいで、あっという間に一般道まで下ってきました。

IMG_0462_20170606225802ff9.jpg


全行程4kmほどですが、三歳前のまだまだ身体の小さなこぷ~すけには、きっと何倍にも感じる事でしょうね。

良く歩いたなと感心してしまいます。

帰りの電車から自宅まではぐっすりと眠っていましたが・・・
(実は駅から自宅まで抱えて帰る行程が、父ちゃん的には一番過酷だったりします)

それでも毎回嬉しそうに付き合ってくれるので、またどこかの山に登ってみたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/794-030316af

  HOME  

スポンサーリンク