棒ノ折山 登山 | 滝ノ平尾根コース - TREASURE / トレジャー日記

棒ノ折山 登山 | 滝ノ平尾根コース

2012年7月15日


3連休の中日、奥武蔵と奥多摩の両山域にまたがってそびえる、棒ノ嶺に行ってきました。

(なんで棒ノ折山って言うんだろ?)


実はこの日、3連休を利用して群馬県の谷川岳に行くつもりだったのですが、天気が崩れる可能性があった為、向かう途中で急遽行き先を変更しました。



スポンサーリンク


谷川岳まで行くつもりだったので、朝6時前に都内を出発。

棒ノ折山__02


一度は高速に乗ってしまいました。


しばらく走ると、雨走行注意の標識が!



雨が降るなんて言って無かったのに…



急いで群馬の天気を確認すると、「晴時々曇り、所によりにわか雨と雷雨」と書いてありました。


雷雨はシャレにならん!


と、言う訳で急遽鶴ヶ島JCTから八王子方面に向かいます。



出発直前にも天気はちゃんと確認しないとダメだね…


自然をナメちゃいかん。



そこで色々調べていると、雑誌で読んで行ってみたかった棒ノ折山が近い事を知り、青梅ICで高速を降りて向かいました。

棒ノ折山__03



青梅街道を離れ、しばらく走っていると、一気に田舎の風景に変わりました。

棒ノ折山__04




登山口のすぐそばには、河川広場と言う、キャンプも出来る河原もありました。

棒ノ折山__10



随分と回り道をしましたが、なんとか登山口近くの「さわらびの湯」駐車場に到着。



登山口の近くに温泉があるっていいですね。




先日購入したスントの時計も、バッチリ装着!

棒ノ折山__11


山で使うのは初めてなので楽しみです。




8:00

登山開始です。

棒ノ折山__14



元々来る予定では無かった山なので、登山口を見つけるのも一苦労。

棒ノ折山__18

登りは滝ノ平尾根コースを登って行きます。




この草に隠れて見落としそうな看板が、登山道への入り口です。

棒ノ折山__21


実際に一度見落として、10分ぐらい辺りをウロウロしていました・・・




入口の脇には紫陽花も咲いていました。

棒ノ折山__22




登山道はそんなに広くなく、人が全くいなかったので、とても静かでした。

棒ノ折山__23





山頂までは約4km、標高差は約700mぐらいでしょうか?

棒ノ折山__25



今まで登った山の中では、一番の標高差かも知れません。

(こんなんで北アルプス大丈夫かな?)




山の印象は、とても木が多い山だと感じました。

棒ノ折山__26




地図も無いので、看板だけを頼りにひたすら歩いて行きます。

棒ノ折山__31


登山道はしっかり踏み固められていたので、まず迷うことは無いですが、地図ぐらいは持っておくべきですね。




それにしても相変わらず誰も居ません。

棒ノ折山__33



雑誌でも紹介されていたし、、駐車場にも登山者らしき人が沢山いたのに、こっちのコースは人気がないのかな?

(確かに雑誌で紹介されていた沢沿いのコースはこっちじゃないけど・・・)




沢沿いは帰りの楽しみに取っておいて、ドンドン先に進みます。





途中にはキノコも沢山生えていました。

棒ノ折山__37




30分ほど歩いて、すでに標高は400m。

棒ノ折山__40




このコースはずっと登りが続き、なかなかハードでした。

棒ノ折山__41



チョコチョコ休憩したり、水を飲んだりしながら、やっと1/4地点に到着。

棒ノ折山__44




まだまだ先が長いので、横にあったベンチで一休み。

棒ノ折山__45



この日も蒸し暑かったので、汗が滝のように出てきます。


しっかり水分補給をして、山頂・・・いや、次のベンチを目指して出発しました。





ここまでは、まだ誰とも会っていません。

棒ノ折山__47





振り返ってもやっぱり誰も居ませんが、なかなかの勾配です。

棒ノ折山__56





さらに500mほど進むと、

棒ノ折山__58




突然、林道に出ました。

棒ノ折山__59



目の前を、オフロードバイクが猛スピードで駆け抜けて行きました。



他にも数台のエンジン音が聞こえたので、人気のスポットなんでしょうか?




ヒッチハイクでもっと上まで連れて行って欲しい所ですが、また登山道に入ります。

棒ノ折山__60


あ~今度は階段だ・・・





この先は階段がずっと続きます。

棒ノ折山__61


やっぱりこのコースは、なかなかハードです。





ゼイゼイ言いながらしばらく歩くと、また林道に出ました。

棒ノ折山__63



そしてまた颯爽と駆け抜けていくバイク・・・



この野郎・・・いいなラクそうで・・・


いかんいかん!心の声が・・・




でもバイクも気持ちよさそうですね。




ここで雨がパラついてきた為、ザックにレインカバーを装着し、またまた登山道に入ります。

棒ノ折山__64




ここから狭くて長~い階段が待っていました。

棒ノ折山__65


本当にこのコースは、ずっと坂か階段を登っていたイメージです。

だからみんな登りは違うコース使うのかな?





さらに少し進むと、見晴らしのいい所に出ました。

棒ノ折山__67




看板にはハイキングコースって書いているけど、ここはハイキングってレベルじゃないです。

棒ノ折山__69

ここまでにすれ違ったのはたったの3人。


静かに歩きたい人にはオススメです。




少し雲が掛かって来たので、山頂での眺望が心配ですが先に進みます。

棒ノ折山__68





この辺りから、登山道に岩が増えてきました。

棒ノ折山__70



そして少し進んだ所に、大岩が。

棒ノ折山__73



岩茸石と呼ばれる大岩のようです。

棒ノ折山__74


この岩は登る事も出来るようで、外国の方が嬉しそうに何回も登っていました。



私は延々と続く登りに疲れ切っていたのであっさりとスルー。






この岩の所が、他のコースとの合流地点となっていました。

棒ノ折山__75





帰りは雑誌で紹介されていた、白谷沢コースを通って帰ろうと思います。

棒ノ折山__77



横にはこんな看板も。

棒ノ折山__78

肝心のダジャレの部分が錆びてるのがおしい!



沢沿いコースは後の楽しみに取っておき、まずは棒ノ嶺山頂を目指します。

棒ノ折山__79

あと1km。

まだもうひと踏ん張り必要ですね。



この先もやっぱり階段、

棒ノ折山__80


そして急な登り。

棒ノ折山__82


でも合流地点を過ぎてから、一気に人が増えました。




私達が登ってきたコースは、よっぽど人気がないのだろうか・・・?




岩茸石から次のベンチまでもなかなかの登りが続きます。

棒ノ折山__84




他のコースから来た人たちが、「急に登りがキツくなったね」と話してるのを聞き、

やっぱりそーなの?とか思いつつさらに登って行き、最後のベンチがあるゴンジリ峠に到着。

棒ノ折山__86




みんな迷わず腰を下ろす姿を見て、やっぱりこの登りキツかったんだと思いました。



もちろん私達もたっぷり休憩しました。


山頂まではあと少しです。


【棒ノ折山 山頂&山ご飯】へ続く

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/79-42264d5b

スポンサーリンク