0才赤ちゃんとキャンプ「シエスタBaby」その1 ~キャンピカ明野 - TREASURE / トレジャー日記

0才赤ちゃんとキャンプ「シエスタBaby」その1 ~キャンピカ明野

日本最古の満開の桜を鑑賞した後は、キャンプ場へ移動します。

今回予約したのは、こぷ~すけがキャンプデビューの時にも利用した、「キャンピカ明野ふれあいの里」です。

この春からトレラーコテージがリニューアルして、そのうちの「シエスタBaby」というプランを利用しました。

DSC_8096_20170414_4103.jpg

このBabyプラン、赤ちゃん用のグッズがびっくりするほど充実していて、生後9ヶ月のみおへいも快適に過ごすことができました。

※ みおへいは、PICA山中湖ヴィレッジ(生後6ヶ月)に続き2度目のキャンプになります。



スポンサーリンク

トレーラーコテージの室内


到着後、早速トレーラーコテージの中へ。

入ってすぐ現れたロフトを見て、こぷ~すけは大喜び。

ロフトがあると大人もワクワクしますね。
DSC_7995_20170414_40081.jpg

トレーラーハウス内は、こじんまりしていながらも、キッチン、洗面台、ウォシュレット付きトイレ、シャワールーム(ベビーバス付き!)、と必要なものは全て揃っています。

冷蔵庫、電子レンジ、ガスコンロ、食器類、鍋類も揃っているので、なんなら今日からここで住めるぐらいの設備です。

DSC_7995_20170414_11 (2)

赤ちゃん用のハンモックなんていうのもありました。
DSC_8014_20170414_4025.jpg





キャンプ場内を散策


車はまだ荷物に積んだままにして、とりあえずキャンプ場内の散策に出掛けます。

この宿泊プランには、人気のベビーカー、AIRBUGGY COCO BRAKE(エアバギーココブレーキ)の貸し出しもありました。



実は、こぷ~すけが産まれた時、第一候補だったベビーカーがこのエアバギーでした。

結局他のベビーカーが閉店セールで半額になっていたのでそちらを買いましたが、やっぱりエアバギーはカッコイイ!

エアバギーのタイヤは、自転車と同じように空気を入れるエアタイヤを搭載しているので、デコボコ道など悪路でもラクラクと操作できます。

DSC_8068_20170414_4077.jpg

また、こぷ~すけはベビーカーに乗せると、すぐに寝る赤ちゃんでしたが、みおへいはベビーカーに乗せるとすぐに号泣してしまうので、ベビーカーが嫌いな赤ちゃんだと思っていました。

それが、エアバギーに乗せると、全く泣かないどころか、止まってもずっとご機嫌でニコニコ!

どうやらエアバギーがお気に召したようです。

DSC_8107_20170414_4113.jpg

この高級ベビーカーがお気に入りとは、みおへいさん、お目が高い!?(←買ってあげられませんが・・)


また、散策がてら、こぷ~すけには焚き火用の薪拾いを手伝って貰いました。
DSC_8106_20170414_4112_201704242217247a3.jpg

たくさん集まりました。
DSC_7995_20170414_11 (6)


夕日を見ながら夕食



日が傾いてきて肌寒くなって来たので、そろそろ夕飯にします。

玄関扉の横に屋根付きのデッキがあるので、そこに七輪を置いて焼肉を焼いていきます。
DSC_7995_20170414_11 (7)

空が夕焼けに染まり、夕日が輝いている様子に、こぷ~すけは「空がオレンジだね!」と言っていました。

DSC_8141_20170414_4142.jpg

みおへいも「あっ!」としきりに夕日を指差ししていました。

DSC_8156_20170414_4155.jpg

みおへいが座っているテーブルに設置できるイスもこのプランに付いていて、これはとても便利でした。

この椅子があったお陰で、皆で一緒に七輪を囲んでゆっくり食事を楽しむ事ができました。


本日のメインディッシュ「すき焼き」を堪能



食事の後は、朝から動き回っていた子供達は夢の中へZzz・・・。

DSC_8186_20170414_4177.jpg

実は、この日のメインは「すき焼き」だったのですが、子供達は寝静まってしまったので、贅沢にも大人二人ですき焼きを楽しみました。

DSC_7995_20170414_11 (9)

こちらは、すき焼き用の卵。
道の駅「韮崎」で売られていた、オーガニックファーム「黒富士農場」さんのこだわり卵です。
DSC_8183_20170414_4175.jpg

もちろん地元の地酒も仕入れてあります。

DSC_7995_20170414_11 (10)

寒い時期にキャンプでの鍋料理は、身体も温まって良いですね。


満天の星空の下で焚火



食後は満天の星空の下、外で焚火を楽しみました。

DSC_8165_20170414_41641.jpg

キャンピカ明野は標高も高く、周りの山に囲まれた場所にある為、星がとても綺麗でした。

DSC_8198_20170414_41811.jpg

星空の撮影用に、明るいレンズがまた欲しくなりました。


⇒ 二日目に続く。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/778-c9a74aa1

スポンサーリンク