日本で一番古い桜 山高神代桜(じんだいざくら)が満開でした - TREASURE / トレジャー日記

日本で一番古い桜 山高神代桜(じんだいざくら)が満開でした

2017年4月14日

平日に休みが取れたので山梨までキャンプに行って来たのですが、ちょうど桜が満開になっていたので、途中寄り道をして有名な桜を見に行って来ました。

その桜とは、山梨県北杜市武川町の実相寺境内にある、『山高神代桜(やまたかじんだいざくら)』です。

DSC_7938_20170414_3954.jpg

この山高神代桜は福島県の『三春滝桜』・ 岐阜県の『淡墨桜』と並び 日本三大桜の一つに数えられているようです。

しかも、樹齢1800年とも2000年とも言われるこのエドヒガンザクラの老木は、日本最古、最大級の巨木として、大正時代に国指定天然記念物第1号となったそうです。


スポンサーリンク

アクセス・駐車場


この山高神代桜は、中央自動車道の須玉ICから車で15分程度の所にあります。



気になる駐車場は、神社のすぐそばに普通車が100台止められる駐車場(500円)が一カ所ありますが、桜まつりの時期には、各所に臨時駐車場が用意されているようです。

私が利用したのは、神社から3分程度のこちらの臨時駐車場(400円)です。

DSC_7985_20170414_4000.jpg

平日だと言うのに、次から次へと車が出入りしていたので、満開の時期の土日は渋滞するかも知れませんね。

毎年4月は桜祭りが開催



ちょうど桜祭りの真っ最中だったので、神社の周辺には色々なお店が出ていました。

DSC_7854_20170414_3882.jpg

車じゃなかったら、ここでツマミとビールを買って、桜を見ながら一杯やりたい所ですね。


桜と水仙と南アルプス



さらに進むと、満開の桜が見えてきました。

DSC_7855_20170414_3883.jpg

手前の水仙とソメイヨシノ、そして背後にそびえる甲斐駒ケ岳の共演が見事です!

DSC_7860_20170414_3888.jpg

また角度を変えると、八ヶ岳も見えたりして、その眺めだけでもため息ものでした。

実相寺の境内へ



神代桜を目指して、お寺の境内に入ってきます。

DSC_7973_20170414_3988.jpg

門をくぐると、立派なしだれ桜が出迎えてくれました。

DSC_7888_20170414_3915.jpg

藤棚のようになったしだれ桜

DSC_7964_20170414_3979.jpg

境内は一面満開の桜で溢れていました。

DSC_7891_20170414_3918.jpg

境内には、神代桜の子孫や三大桜の他の二つ「滝桜」、「淡墨桜」の子孫、そして桜の種を宇宙に持って行き、8ヶ月過ごした後、植えた「宇宙桜」など、有名な桜が何本もありました。

こちらが本堂。

DSC_7896_20170414_3923.jpg

本堂の隣の桜も満開です。


山高神代桜



そしていよいよ、こちらが日本最古の桜、『山高神代ザクラ』。

樹齢、推定2,000年とも言われ、大正時代に国の天然記念物に指定されたようです。

DSC_7918_20170414_3940.jpg

満開の桜で溢れる境内でも、圧倒的なスケールと存在感を放っていました。

DSC_7919_20170414_3941.jpg

木の幹はもはや岩のようです。

DSC_7927_20170414_3948.jpg

撮影する角度によって全然違った表情を見せるので、どこから撮ろうか迷います。

少し高いところには三脚で写真を撮る人達がずらり。

DSC_7934_20170414_3950.jpg

同じところから撮ってみると、うん良いですね!

DSC_7938_20170414_3954_20170416084626770.jpg

良い画像が沢山撮れた所で、お昼ごはん。

桜を眺めながら、持ってきたおにぎりを食べました。

DSC_7951_20170414_3966.jpg

天気にも恵まれ、最高のお花見日和となりました。

DSC_7972_20170414_3987.jpg

続いて、キャンプ場へ向かいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/776-359b7da4

スポンサーリンク