【ふるさと納税】手作り味噌キットで味噌作り その2 - TREASURE / トレジャー日記

【ふるさと納税】手作り味噌キットで味噌作り その2

ふるさと納税の手作り味噌作りその1の続き。

DSC_6398_20170115_2497.jpg

やわらかく煮た大豆を潰したら、味噌づくりは、あと一息です!

4. 米麹と大豆を混ぜ合わせる


ボールに塩切りした大豆を混ぜるという作業ですが、2.8キロの米麹と膨れ上がった大豆を混ぜ合わせられるボール、普通の家にはまずないと思われます・・

何故か我が家には、発酵玄米用のデカいボールがあるので、それに米麹を移します。

DSC_6383_20170115_2482.jpg

減塩にしたい場合は、塩は追加しなくて良いようですが、「失敗しない塩分量で仕込む」場合は、塩を入れるということで、迷わず塩を入れることにします。

DSC_6385_20170115_2484.jpg



スポンサーリンク

先程のボールでも大豆は入らないので、発酵玄米用の保温ジャーで、米麹・塩・煮た大豆を混ぜ合わせていきます。

DSC_6388_20170115_2487.jpg

ひたすら混ぜます。

味噌っぽくなってきました。

DSC_6387_20170115_2486.jpg

最後は手でよく捏ねて、丸めます。

DSC_6390_20170115_2489.jpg



5. 保存容器に味噌を詰める。


空気を抜くように、保存容器をめがけて投げ入れていきます。

DSC_6392_20170115_2491.jpg

いっぱいになりました。

DSC_6393_20170115_2492.jpg


更に上から押して平らにして、空気を抜きラップをかけます。
DSC_6394_20170115_2493.jpg

こちらの小さい容器はこぷ~すけが仕込みました。

DSC_6398_20170115_2497.jpg

最後に、カビ防止の粉わさびを水で溶き、丸めて容器の上に置きます。

DSC_6400_20170115_2499.jpg

三つの容器に分けて無事完成です!

DSC_6403_20170115_2502.jpg

こちらの21cmの容器であれば一つに収まると思いますが、手違いで購入出来ておらず、慌てて購入しようとしたところ、1500円ぐらい値上がりしていたので、一回り小さい18cmの容器を買いました。




常温で若い味噌が好きなら3ヶ月後から、通常でも6ヶ月後から食べられるようです!



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/718-ec0b1fb3

  HOME  

スポンサーリンク