高尾山 登山 | 6号路 - TREASURE / トレジャー日記

高尾山 登山 | 6号路

2012年6月23日



梅雨の晴れ間を利用して、今年2回目の高尾山に行ってきました。





朝はのんびり、11:30に京王線高尾山口駅に到着。

高尾山_





さて、今日はどのコースを登ろうか。

高尾山__01






駅を出てすぐ、まずはおやきで腹ごしらえ。

高尾山__04

野沢菜が香ばしくて美味い!







前回は稲荷山コースを登ったので、今回は6号路を登ります。

高尾山__12



高尾山__14








登山口もいい感じですね。

高尾山__15


11:50

登山スタートです。







6号路は山頂近くまで、ずっと沢沿いを歩くため、暑い時期にはオススメです。

高尾山__16




沢の近くは、空気がひんやりしています。






しばらく進むとびわ滝の標識があったので、ちょっと寄り道。

高尾山__20






最近は雨が多かったので、水量も豊富でした。

高尾山__18





足元も所々ぬかるんでいます。

高尾山__28

ぬかるみに足を取られる事を、私の地元では「足がいぼる」と言いますが、聞いた事ありますか?




たぶん福岡限定の方言です。








山肌からも水がしみ出していました。

高尾山__25




この一滴一滴が集まって、いずれ川になるんですね。







足元は悪いけど、この日は暑過ぎず、ちょうどいい気温でした。

高尾山__29






途中には色々な解説の看板があります。

高尾山__30

この看板によると、高尾山は昔、海の底だったらしいです。






昔海だった所が今は山になって、そこに川があってまた山を削っていく。

高尾山__31


地球はやっぱり生き物なんですね~。







と、物思いにふけっていたら、晴れ間が見えて来ました。

高尾山__35


山頂に急ごう!







途中では何度か橋も渡りました。

高尾山__36






もう半分以上登りましたね。

高尾山__37





6号路は道幅は狭いけど、ずっと緩やかな登りが続くので、結構楽に登れました。







この最後の階段に来るまではね・・・

高尾山__48







この階段を登れば、山頂はすぐそこなのに、登っても登ってもまだ階段。

高尾山__50






かなり息切れしたので、階段を登りきった所で一休みしました。

高尾山__52


みんな腰掛けたくなる気持ちが解ります。






山頂直下には立派なトイレが出来ていました。

高尾山__53

内部はとても広くてキレイで、トイレも全て水洗、扉などは全てヒノキで出来ており、

良いヒノキの香りがしました。



高尾山、やっぱり儲かってるんだね・・・









13:20

休憩を終えてすぐ山頂に到着。


高尾山__55


今回もコースタイム通りでした。







この日も富士山は見えず・・・

高尾山__57


こうなったら、見えるまで何回でも登ってやる。








山頂は前回来た時より、人も少ないかな?

高尾山__54



それでもこんな人混みで食事を取りたくないので、すぐに山頂をあとにし、奥高尾に向かいます。





続く



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/68-cd0cf4bd

スポンサーリンク