ぷ~すけの愛車遍歴 その3 - TREASURE / トレジャー日記

ぷ~すけの愛車遍歴 その3

「ぷ~すけの愛車遍歴 その2」の続き


私の愛車遍歴を紹介するシリーズもいよいよ3回目。


3回目なのにまだ2台目の車です。


大好きだったRX-7(FD3S)を手放して次に買った車とは一体・・・

スポンサーリンク



20歳でRX-7を新車で購入し、手放すまでの4年ちょっとの間に、車に変わる趣味が出来てしまいました。


それが結婚するまで続けていた趣味である、スノーボードです。

今はお休み中ですが、子供が大きくなったら連れて行きたいと思っています。



最初の頃は会社の先輩の車でスキー場まで連れて行ってもらっていましたが、そのうち自分でも行きたくて仕方が無くなってしまいました。


でもRX-7では荷物も積めないし、ハイパワーのFR車なんて、雪道との相性は最悪と言っていい組み合わせです。


当然、車を2台所有するほどの経済力もない為、泣く泣く大好きだったRX-7を手放す事にしたのです。

ただ、大事に乗っていた事もあり、次の車の頭金には十分なほどの価格で売れました。



そうして次の車として選んだのが、日産の初代エクストレイルです。

10152036_200512.jpg


発売されたばかりの頃に、こちらも新車で購入しました。


このエクストレイルは正直見た目はそれほど好きではなかったのですが、乗っているうちにドンドン好きになりました。


エクストレイルのウリでもある、濡れたままでも座れる撥水シートや、取り外して水洗いができるラゲッジボードなど、まさにスノーボードに行くのにピッタリの車でした。


またこのクラスでは珍しく、状況によってFFと4WDの切り替えが出来るダイヤルなども備えていて、非常に使い勝手が良かったです。

おかげで雪道もまったく不安なく走る事が出来ました。



当時、冬になると実家の福岡からスキー場のある広島県まで毎週のように通っていました。


さらに年末年始には、福岡から長野県の白馬村までこの車で滑りに行った事もあります。


1ヶ月の走行距離が5,000kmを超える事もあり、ディーラーにオイル交換に行った時には、「タクシー並みですね」と驚かれた事もありました。




購入して3年ぐらいで、東京に転勤になったのですが、このエクストレイルはそのまま持って来ました。


当時は、年に一回ぐらいしか行けなかった白馬が近くなったので、嬉しくて都内から毎週白馬に通っていましたね。



このエクストレイルには7年間乗りましたが、雪道走行が多かったせいか、下回りが錆びまくってしまい、最終的にはマフラーの根元のパイプがポッキリ折れてしまったり、足回りのダメージも酷かったので、次回の車検費用が高くなりそうだったので、手放す事にしました。

スキー場に行った帰りには、必ず毎回洗車機で下回り洗浄をしていたのですが、やはり車にとって塩分は大敵です。



正直、都内での一人暮らしにはちょっと大きすぎる車だったし、地元だったら考えられないけど、しばらく車のない生活も良いかなと思い、このあと半年ほど車を持たずに過ごしました。


「ぷ~すけの愛車遍歴 その4」へ続く

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/671-46b54ce1

スポンサーリンク