ららぽーと湘南平塚で新型セレナをじっくり見て来ました - TREASURE / トレジャー日記

ららぽーと湘南平塚で新型セレナをじっくり見て来ました

この三連休、結局毎日ららぽーとに通ってしまった私。

ずっと天気が悪かったのと、オープニンングセールで色々安く買えたと言うのもあるのですが、一番の目的はこのららぽーとの「日産サティオ店」に展示されている、新型セレナをじっくり見てみたかったからです。

DSC_4269_20161008_550.jpg

普通のディーラーは入ると営業マンが駆けつけてくるので入りづらいですが、ららぽーとの中にあると気軽に見れるのは良いですね。

IMG_2543.jpg

キッズスペースや画面にタッチして遊べるパネルがあり、こぷ~すけも楽しそうに遊んでいました。


スポンサーリンク


これまで、トヨタのノア/ヴォクシーにホンダのステップワゴンを見に行って、今回のセレナで国産ミニバンの人気3車種は全て見たことになります。


自動運転技術搭載車として、何かと話題の新型セレナですが、今回もアウトドアに行く車としてどうなのかと言う視点で見てみたいと思います。

まず大きな特徴としては、バックドアにもう一つ小さなドアを付けた、デュアルバックドアではないでしょうか。

DSC_4468_20161010_721.jpg

ミニバンのバックドアはかなり大きくて、開くとドアが自分の方にに迫って来るので、マトリックスのような動きで必死にドアを避ける必要があります。

(実際には半歩ぐらい後ろに下がれば大丈夫です!←とか言う説明もイチイチいらないですよね・・・?)

この機能は後ろの車や壁が邪魔でバックドアが開けない時などに重宝しそうです。

ステップワゴンのワクワクゲートを意識した機能ですね。

ただ、人の乗り降りも可能なステップワゴンのワクワクゲートの方が、アウトドアでの使い勝手は良さそうです。


サードシートはヴォクシー/ノアと同じで、両サイドに跳ね上げ式となる為、荷室の使い勝手においても、サードシートが床にスッポリと収納出来るステップワゴンの方に軍配は上がりそうです。


外観は大きな釣り目のヘッドライトが印象的で、先代に比べて全体的にシャープになった感じです。

DSC_4467_20161010_720.jpg

インテリアのカラーも、グレードやボディーカラーによって異なりますが、基本的にはブラック、ブラウン、グレーの三色から選ぶ事が出来るようです。

DSC_4469_20161010_722.jpg

ライバル車ではグレードによっては設定がない内装色などもあり、好みの内装色を手に入れる為に、必要のない価格の高いグレードを選ばなければならない場合もあるのですが、この自由に選択出来るシステムには好感が持てます。

また外観においても、エアロ付きのハイウェイスターモデルと、エアロなしの標準モデルのどちらもを選んでも満足できるデザインとなっていました。


基本的に見た目よりも性能重視の私としては嬉しい限りです。


今回試乗はしていませんが、ヴォクシーと同じ2,000ccエンジンなので、新型とは言えそれほど大差はないでしょう。


このミドルサイズのミニバン市場は、激戦区という事もあってどれも魅力的な車でしたが、今まで見て来た人気のミニバンの中で、自分の納得がいくグレードや装備を選んだ場合、このセレナが一番安く買うことが出来そうです。


ただまだ発売されたばかりなので値引きは少ないかも知れませんね。


購入予定の来年3月の決算期ぐらいに、少しは安くなってくれるかな?




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/644-f008681a

スポンサーリンク