mont-bell モンベルショップで、ストライダー試乗 - TREASURE / トレジャー日記

mont-bell モンベルショップで、ストライダー試乗

最近私の車試乗に付き合わされてばかりのこぷ~すけですが、今日はモンベルショップに、こぷ~すけの新車!?を見に行って、さらに試乗もしてきました!

見に行ったのは「ストライダー」

2才から乗れる、ペダルなしの自転車です。

モンベル ストライダー

このストライダーは、クラシックモデルと、スポーツモデルの二種類あり、スポーツモデルの方が装備が充実している上位モデルになります。

スポンサーリンク


ストライダーをお店で試乗


お店に着いて、店員さんにストライダーを試乗したい旨を伝えると、お店の奥から試乗車を出してきてくれました。

ブルー、カッコイイ!

IMG_2503.jpg

早速、試乗してみます。

まだ乗り方がわからないので、支えてあげながら足をついてヨチヨチ歩いている感じです。

店員さんが傍に居て、人見知りのこぷ~すけは黙々と乗っていましたが、「自転車楽しい?面白い?」と聞くと、「おもしろい」と答え一応楽しんでいる様子でした。

モンベル ストライダー

こぷ~すけも気に入ったようだし、クラッシックモデルでも機能的には十分だったので、これで決まり!と思ったのですが、今売られている新型のクラッシックモデルは、試乗車の旧型のクラシックモデルから若干仕様が変更(スペックダウン)されていました。


ストライダー クラシックモデルが仕様変更でスペックダウン


大きな変更点としては、サドルが普通の自転車と同様のクッション付きの物から、、固いプラスティック製に変更されていました。

サドルの高さ調節もレバーでワンタッチで出来たのに、新型は六角レンチがないと出来ないなど、かなりスペックダウンされていました。

高さ調整はそんなに頻繁にやるものではないので、まぁ許容範囲ですが、サドルがプラスチック製になっている点はとても気になりました。


店員さんは、「そんなに長時間乗るものではないので、サドルの固さは気にならないですよ」と言っていましたが、自分を基準で考えると、普通の自転車のシートでも長時間乗っているとお尻が痛くなってしまうのに、サドルがプラスチック製とか考えられません。

ストライダーは公道での仕様が禁止されている為、芝生や砂利道などの未舗装路を走る機会が非常に多いです。

ということは、地面の凸凹の衝撃が、ダイレクトにお尻に来る訳です。

それに、子供は気に入ると体力が尽きるまで遊び続けるものです。

それらを踏まえ、少し高くても、上位モデルのスポーツタイプにしようと決めたのですが、残念ながらモンベルではクラシックモデルしか扱っていないということだったので、他のお店で探すか、ネットのメーカー直販サイトから購入したいと思います。




尚、モンベルには、ロゴが入ったストライダー用ヘルメットも置いていました。

色は、赤、青、黄の三色で柄入りですが、純正のヘルメットよりだいぶ安かったです。

IMG_2504.jpg

このストライダー、バランス感覚が養われ、自転車への移行がとてもスムーズに行えるようです。

3,4才で、補助輪なしで、いきなり自転車に乗れてしまう子もいるとか!?

こぷ~すけは上手く乗りこなしてくれるかな、私の方がワクワクしてきました。(まだ買っていませんが・・)


追記)ストライダー買いました!



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/636-862dbe8f

  HOME  

スポンサーリンク