家で焼き鳥 串打ちにも挑戦 - TREASURE / トレジャー日記

家で焼き鳥 串打ちにも挑戦

以前、鳥仲商店さんで串に刺してある鶏肉を買ってきて、家で焼いて食べました。

DSC_3539_201608271251522e3.jpg


一本100円未満なのに、お店にも負けないぐらい美味しかったです。

その時に「これ、自分で串打ちまでやったら、もっと安くていっぱい食べられるんじゃないか?」と思いました。


そこで今回は無謀にも、串打ちから自分でやって焼鳥を焼いてみることにしました。


『串打ち三年、焼き一生』とも言われる匠の技に挑戦です。




スポンサーリンク


まずは近所のホームセンターで、こちらの串を買ってきました。

DSC_3570.jpg

竹串の方がそれっぽい感じになりますが、キャンプとかでと使えるように鉄製の串を選びました。


今回は練習も兼ねているので、あまり多くの部位には手を出さず、鶏モモ肉と砂肝だけでやってみることにしました。


まずはお肉を一口大にカットして行きます。


包丁の切れ味が悪いと、身が崩れたり皮が取れたりしてしまうので、しっかり研いである切れ味の良い包丁を使った方が良いと思います。


カットが済んだらいよいよ串に刺して行きます。

DSC_3578.jpg


モモ肉の皮の部分や砂肝のスジの部分は、串がなかなか通らなかったので、その部分を避けて刺せるように、切る時から考えながら切った方が良さそうです。


悪戦苦闘しながらも、なんとかそれっぽい形になりました。

DSC_3573.jpg


ちょっと大きめにお肉をカットしたので、お祭りで売ってるジャンボ焼鳥ぐらいのサイズになってしまいました。

DSC_3579.jpg


これ、ちゃんと中まで火が通るかな???




鶏モモには冷蔵庫にあったネギも刺して、ねぎまにしてみました。

DSC_3576.jpg






とりあえず焼いてみます。

DSC_3584.jpg


やはりお肉が大きすぎたせいか、焼けるまでに時間が掛かりましたが、美味しそうに焼き上がりました。

DSC_3587.jpg



一番手前は鶏皮ポン酢を作る為に、鶏皮も買ってきていたので、一本だけ鶏皮串を作ってみました。




カットも下手、串打ちも下手だったので食感とか味の方はそれなりでしたが、自分で一からやった満足感を足せばそれなにり楽しめた気がします。

DSC_3589.jpg


ただここまでやってみて、もしキャンプで焼鳥をやろうと思っても、串打ちまでは家でやっておくべきと思いました。


結構手間が掛かるのはもちろんですが、暑い中でお肉をベタベタ触ると痛みも早そうだし、外だとしっかりと手を洗えない場合もあると思うので、衛生的にも良くないと思いました。



でも自宅で十分焼鳥を楽しめたので、何度かやってみて、さらに腕を上げたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/615-66944048

  HOME  

スポンサーリンク