お米離れを阻止するべく・・・ - TREASURE / トレジャー日記

お米離れを阻止するべく・・・

たいそうなタイトルの割には中身はしょうもないのですが、新しい炊飯器を購入しました。

DSC_3354.jpg


このブログでも、たまに料理の記事なんかを書いたりして、元々食べるのも飲むのも好きですが、特に好きなのがお米だったりします。


以前、横浜の赤れんが倉庫で開催されていた、『おこめまつり』にも行ったことがあります。

過去記事→おこめまつり2012

そんな我が家ですが、炊飯器に関しては、15年以上前に私が一人暮らしを始めた時に、とりあえずと思って購入した、マイコン式の安い炊飯器を使い続けていました。

それはそれで普通に何の不満もなく使っていたのですが、最近調子が悪くなって来たので、買い替えを決断しました。


スポンサーリンク


買うと決めたものの、家電屋さんに行くと数多くの炊飯器が並んでいて、とてもすぐには選べませんでした。

そこで簡単に勉強してみると、炊飯器にもいくつか種類があり、大きく分けると以下の4つに分けられるようです。


マイコン炊飯器 ・・・ 底部のヒーターでのみ加熱するので火力は弱いが価格は安い

IH炊飯器     ・・・ 内釜全体を加熱するので、高火力で短時間で炊き上げる

圧力IH炊飯器  ・・・ 圧力をかけてお米の芯まで熱を通し、うまみを引き出す

ガス炊飯器   ・・・ 直火の為かまど炊きに近い効果が得られる



その中でも最近の主流は圧力IH炊飯器のようです。

テレビCMとかでやっているのも殆どがこのタイプ。



そりゃーお米のうまさを引き出すとか言われたら欲しくなりますよね。



そんな訳で、我が家も圧力IH炊飯器を購入する事に決めました。



とは言え、最新型の最高級グレードは10万円を超えるようなものも多くあります。



お米大好きとは言え、そこまでお金も掛けられないので、型遅れの上級グレードを購入する事にしました。


今の奴も15年使ってたんだから、1年や2年ぐらい古くたって大した問題では無いです。




そして最終的に購入したのがコチラ。


象印 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き豪熱羽釜です。

DSC_3353.jpg





本当は白が良かったのですが、旧モデルで安かったので贅沢は言えません。



でも実物を見てみると、黒もそんなに悪くないです。


DSC_3354.jpg



内釜は羽釜形状となっています。

DSC_3355.jpg

今まで使っていた奴と比べても、内釜が肉厚でしっかりしています。


これで今使っている炊飯器と同じお米を炊いてみて、どれぐらい違いがあるのかを確かめてみたいと思います。



比較の結果はまた次回!



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/596-6bb652fa

  HOME  

スポンサーリンク