及源鋳造 パン焼き用 南部鉄器鍋 「たみぱん」 - TREASURE / トレジャー日記

及源鋳造 パン焼き用 南部鉄器鍋 「たみぱん」

アウトドア雑誌「BE-PAL」に掲載されていた、

及源/OIGEN製のパン焼き用 南部鉄器鍋 「たみぱん」 が気になります。

DSC_1676_20160518160418788.jpg

スポンサーリンク

この鍋が作られるきっかけになったのが、今年101歳になる「タミさん」。

タミさんは戦後まもなく、子ども達のおやつにと、ジェラルミンの鍋でパンを焼き始めます。

子供たちが喜んで食べたパンは、その後お孫さん、そして今はひ孫さん達のおやつとなっているようです。


そして、そんなタミさんのパンを食べて育ったお孫さんであり、現・及源鋳造の社長さんが、鋳鉄の南部鉄器でパン焼き用の鍋を作ってみたいと、発売したのが「タミパン」

これは大ヒットし、タミさん100歳の時にはIH対応の「タミパンクラシック」も発売されたようです。



お子様からお孫さんへとパンの味が伝えられ、それを食べて育ったお孫さんが鍋を作るとは、なんと素敵なエピソード!

しかもあの、及源の南部鉄器の鍋

思わず欲しくなってしまいました!



しかし・・・実はこの雑誌を見る前に、こんなものを衝動買いしてしまいました。。

DSC_1677_20160518160419fe1.jpg



こちら、南部鉄器とは対極の、「スチール製シリコン塗装」のエンゼル型です。。

レシピがシンプルで簡単なので、まずはこれでパンを焼いてみて、いつか「たみぱん」買いたいと思います!


嫁【記】

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/514-eea4fbd6

スポンサーリンク