かやぶきの郷 薬師温泉旅籠 2日目 そば打ち体験 | 群馬温泉旅行 - TREASURE / トレジャー日記

かやぶきの郷 薬師温泉旅籠 2日目 そば打ち体験 | 群馬温泉旅行

【かやぶきの郷 薬師温泉旅籠 1日目】の続き


二日目の朝、朝食前にまだ入っていなかった内湯の温泉に行ってみました。


早朝だったので、こちらも人が少なくゆっくり楽しめました。




そしてお楽しみの朝食。


和食と洋食が選べるのですが、事前に調べたクチコミによると和食が絶対おススメとの事だったので、

二人とも和食をチョイスしました。

旅籠_140309_4265


やはり日本人は和食に限ります。


スポンサーリンク

なんでも、この産みたてタマゴのタマゴかけご飯が絶品なんだとか。

旅籠_140309_4266



美味しくて朝から食べ過ぎてしまいました。



さらに食後にはフロントでコーヒーのサービスもありました。



ロビーは天井が高くて解放感があります。

旅籠_140309_4275



至れり尽くせりの宿でした。




今日も外は快晴です。

旅籠_140309_4270


雪に光が反射してまぶしいぐらいです。





さて、今日はチェックインをしたあと、もう一つイベントが待ってます。



かやぶきの郷に中にあるお蕎麦屋さんの、蕎麦打ち体験に参加しました。





蕎麦打ちも一度やってみたかったのです。

旅籠_140309_4294




旅籠_140309_4293




蕎麦打ちセットにも憧れます。




この日は私達を含めて、4グループが参加していました。






準備をして簡単な説明を受けたあと、いよいよ蕎麦打ち開始です。



しかしこの蕎麦打ち体験が、この旅で唯一の苦い思い出となりました。




前にテレビで蕎麦打ちの番組を見て、蕎麦打ちで一番大事なのは最初の水まわし(水を入れて手早く

かき混ぜる作業)と聞いていたので、覚えて来た通りにやろうとした矢先に事件は起きました。




ちょうど全体の中央辺りに私達の作業台があった為、講師の方に目を付けられ、講師の実演スペースと

して使われたのです。



嫁が水を入れる係、私が手早く混ぜる係と、役割分担まで決めて構えていたのに、事前の予習も、

役割分担も全て無駄になりました。





嫁にも、「水を入れたらとにかく素早く全体になじませるのが、蕎麦打ちのコツらしい」と、しつこいほど

言っていたのに、その大役を講師の方に奪われてしまったのです。




さらに説明しながらやっているもんで、「まず水を入れていきま~す」とか、

「だいたいコレぐらいの量を残して下さい」とか「混ぜる時の手の形はこんな感じで・・・」と

イチイチ説明が入るので、水を入れてからもしばらく放置されてしまう始末。



試食の時に、蕎麦の食感が悪かったのは、初めてだったのもあるんだろうけど、

これが全て悪かったのではないかと今でも思っています。






さらにトドメは、最初に混ぜる時に、手にネバネバと粉がまとわり付くのですが、それをまた

講師が丁寧に剥がして、私達のこね鉢に戻していました。




もうコレお前が食え・・・




その後も何かと説明があれば、私達の作品は途中で奪われ、説明用に講師がやってしまってました。



なかには結構重要な作業もあったのに、講師がやるので体験すら出来てません。




素人相手の体験なので、こんな扱いなんでしょうが、講師の説明用の分ぐらい用意しておいて欲しいものです!!





ということで、楽しみにしていた蕎麦打ち体験は不本意な結果に終ってしまいましたが、


また機会があれば、別の場所でやってみたいと思います。





ただ、全体の流れだけは大体覚えました。




まずは小麦粉とそば粉を2:8の割合で混ぜる

旅籠_140309_4295




だから二八蕎麦って言うんですよね。

ちなみにそば粉10割の十割蕎麦は素人ではなかなかまとまらず難しいとの事。







水を全体になじませ

旅籠_140309_4299




ダマが出来てきたら、手で握って塊を作ってはまた崩してを繰り返す。




それをひとつの塊にして、今度は体重を乗せながらこねる

旅籠_140309_4306





表面がなめらかになってきたら、外側から内側に練りこむようにこねて

旅籠_140309_4308




円錐型に伸ばしていき、全ての割れ目が頂点に集まるように形を整える。

旅籠_140309_4309




先端を下にして、上から押しつぶして丸い形に伸ばす

旅籠_140309_4310




台に打ち粉をしたら、回転させながら麺棒で均等に伸ばす


旅籠_140309_4312




旅籠_140309_4316






ある程度の大きさになったら、麺棒に巻きつけて体重をかけてさらに押し伸ばす

旅籠_140309_4318





台一杯まで伸ばしたら、打ち粉をしながら折り畳む

旅籠_140309_4320





八折りだったかな?

旅籠_140309_4323





それを包丁で切っていけば

旅籠_140309_4334


(ふ、太いけどうどんじゃないよ!)




蕎麦の完成です。

旅籠_140309_4339


(きしめんでもありません・・・)





打ちたてをすぐに茹でて食べさせてもらえるのですが、こんな歯ごたえのある蕎麦を食べたのは初めてです。

旅籠_140309_4345


細く切る事の重要さを学びました。



怒りのあまり、力が入り過ぎたのでしょうか?




蕎麦打ち体験を終えた後、昨日は見れなかったので、郷の中を散策してみました。


旅籠_140309_4286



旅籠_140309_4289



旅籠_140309_4291



旅籠_140309_4353



旅籠_140309_4364




これは年代物の箪笥の展示コーナー。

旅籠_140309_4348




なんでも日本一のコレクションなのだそうです。


日本にどれほど箪笥好きが居るのかは知りませんが・・・






ちょっと過ぎていましたが、お雛様の展示もありました。

旅籠_140309_4356





一通り散策したので、かやぶきの郷を出発する事にしました。






帰りの門の所に、チェックアウトの時にフロントに預けていた荷物が、誰も居ないのに放置されていました。

旅籠_140309_4365




これ盗まれててもおかしくないんですけど・・・




全体的には満足だったけど、色々と詰めの甘い宿だったな。





やはり個人的には高級旅館よりも、民宿とかペンションの方が合っている気がします。




それでも温泉と料理には大満足です。





お世話になりました。

旅籠_140309_4366





帰り道の藤岡市に、富士浅間神社があったので安産祈願に行ってきました。

旅籠_140309_4377




これで三月も浅間神社の参拝成功です。




4月もまた別の浅間神社に行ってみたいと思います。




色々とありましたが、全体的にはいい旅でした。





嫁の出産まであと二ヶ月ちょっと。


次は子供も一緒に連れていけるかな?



・ 楽天トラベル
>> かやぶきの郷 薬師温泉旅籠の料金・宿泊プランを見る

・ じゃらん
>> かやぶきの郷 薬師温泉旅籠の料金・宿泊プランを見る



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/474-797e0b64

スポンサーリンク