九州の定番居酒屋メニュー 「山いも鉄板」 - TREASURE / トレジャー日記

九州の定番居酒屋メニュー 「山いも鉄板」

先日、会社の人たちと行った居酒屋のメニューに「山芋鉄板」がありました。

九州ではどこの居酒屋にもある定番メニューで、自分でもよく作るのですが、関東ではあまり見ることがなく、一緒に行った人たちも食べた事がないらしい。

外れのない一品なので頼んでみると、


あれ・・・おいしくない・・・

他の人たちはおいしいと食べていましたが、これなら自分が作る方が断然おいしいです。

なんか私がおススメして頼んだから、気を使って美味しいって言ってくれてる気がして、申し訳なかったです。


と、言うことで、前にも書いたかも知れませんが、作り方を紹介します。

スポンサーリンク


【材料】

・ 長いも 5cmぐらい ★ 長芋より卵の量を多くするとべちゃっとならずふんわり仕上がります。

・ 卵 1個

・ 昆布つゆ

・ バター


【作り方】

1. ボールに長いもを擦りおろし、卵と昆布つゆを加える。

DSC_0069.jpg




2. 手早く混ぜる。 

DSC_0072.jpg


★ 空気を含ませながらしっかり混ぜるのがポイントです!!★

DSC_0074.jpg




3. 熱したフライパンにバターを適量入れる。

DSC_0070_20160329174738d69.jpg

★ バター多めもポイントです!!★


DSC_0076.jpg


4. 1を流し入れ、中火で加熱。

DSC_0082.jpg


5. 周りが固まってきたら、周りから大きくかき混ぜます。 

★ふんわりさせるコツ!!★
(オムレツを作るイメージです)


DSC_0085.jpg



6. 蓋をして弱火でじっくり焼いて行きます 

DSC_0086.jpg


たまにチェックして、表面が固まっていれば、完成です。



7. 最後に鰹節をふりかけます。

DSC_0088.jpg


居酒屋で食べた山芋鉄板はバターを使ってなかったのが致命的だったように思います。


材料も作り方もいたってシンプルな一品です。


また、子どもの離乳食にも最適です。


DSC_0091.jpg


今回はテフロンのフライパンで作りましたが、鉄板で作ると更に美味しさアップ&見た目も良くなります。



以前、嫁の友達が遊びに来た時に、作ってみたら「簡単だし旦那のつまみにピッタリ」と大変好評でした。



サッと作れて、とても美味しいので、おススメです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/457-841831f5

スポンサーリンク