自家製の橙(だいだい)酢で 「鶏皮ポン酢」 - TREASURE / トレジャー日記

自家製の橙(だいだい)酢で 「鶏皮ポン酢」

実家の庭には橙(だいだい)の木があり、毎年その果汁を絞ったものを送ってくれます。



この自家製の橙ポン酢、爽やかな酸味が特徴で、

我が家では、鍋を食べたり、酢の代わりに使ったりと大活躍しています。


今日は、このポン酢を使った簡単で、お酒がグイグイすすむ、鶏皮ポン酢をご紹介します。


DSC_9167.jpg



大好きなので、居酒屋なんかでもいつも頼んでしまいますが、鶏皮さえ手に入れば、意外と簡単に作れてしまいます。


スポンサーリンク

まずは近所の鶏肉専門店で、鶏皮を入手。

(※ 2 ~ 3人であれば、200gで十分です)


普段は店頭に出ていないのですが、店員さんに聞くと、奥から持ってきてくれる、裏メニュー的な存在です。



調理方法は書くまでもないのですが、茹でて刻んでポン酒に浸して寝かせるだけです。


鶏皮ポン酢の作り方



まずはお湯を沸かして、鶏皮を投入したら、アクを取りながら茹でていき、


DSC_9165.jpg



程良く脂が抜けた所でザルに取り、流水で洗いながら、スジや余分な脂身を手で取り除いていきます。

DSC_1611.jpg



そこまで出来たらあとは細かく刻んで、ポン酢に浸して出来上がり。


DSC_9166.jpg


お好みで刻んだ青ネギ・七味唐辛子をまぶすと美味しいです。



大根や人参を刻んで、一緒に和えてもおいしいですよ。



粗熱を取って冷蔵庫で1~2時間ほど寝かせると、味が染み込んで食べ頃になります。


DSC_9167.jpg




鶏皮は安いし、簡単に作れて美味しいので、お気に入りの料理です。




ただ、鶏の脂は食べ過ぎると悲惨な目にあうので、食べ過ぎにはご注意を!


スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/441-143e19c0

スポンサーリンク