試乗レポート ~ 三菱 デリカD:5 - TREASURE / トレジャー日記

試乗レポート ~ 三菱 デリカD:5

今年からキャンプに行くようになり、趣味の道具がますます増えてきました。

一人暮らしをしていた頃から乗っている、愛車のインプレッサ(GH-3)には、いつも助手席まで荷物を満載にして、キャンプ場に通っています。

嫁とこぷ~すけが乗る後部座席にも、隙間を見つけては荷物を詰め込む始末。

頻繁にキャンプとかに出掛けるとなると、やっぱりアレが欲しくなってしまいますよね。

そう、新車が…

10月に車検を受けたばかりなのですが、次の車検までの買い替えを目指して、じっくり検討するために、次の候補を色々調べてみることにしました。
(元々車好きなので、ディーラー巡りも趣味みたいなもんです)

記念すべき1回目は、いきなり大本命の『デリカ D:5』 です。


スポンサーリンク


デリカと言えば、パジェロのシャーシにミニバンのボディーを乗せた、とてもマニアックな車です。

パジェロ譲りの電子制御4WDによる悪路走破性に加え、人も荷物もたくさん積める広い室内で、他に類を見ない車です。

アウトドア好きなら誰もが一度は欲しくなる車が、このデリカ D:5ではないでしょうか?





子供が生まれ、趣味がキャンプやスノーボードである私にとって、これ以上の選択肢はないでしょう、

先代のスペースギアは見た目もカッコよかったのですが、今となっては中古車しか選択肢が無い為、新車なら現行のD:5を買うか、来年秋に実施されると噂のフルモデルチェンジを待つかの二択になります。




三菱カーディーラーへ


今回は現行のデリカD:5をみるために、近所にある三菱のディーラーに行ってみました。

駐車場に車を停めると、すぐに駆け寄ってくる営業マン。


デリカのカタログが欲しい事と、実車があれば見たいことを伝えると、年配の営業マンが代わりに対応してくれました。

デリカのスペシャリストなんでしょうか?
(後から聞くと、自身もデリカを所有しているのだそうです)


カタログを見ながら一通り説明を受け、いよいよ実物とご対面。



最初に見たときの感想は、やはり「デカイ!」の一言に尽きました。

街中で走っている所は何度も見ていますが、近くで見ると予想以上の大きさに驚きました。


これはペーパードライバーの嫁に運転させるのは無理だな・・・



ぐるっと一周眺めたあと、次に室内をチェックして行きます。

展示してあったのは8人乗りモデルで、座席は前から 2 ・ 3 ・ 3 列の並びになっています。



7人乗りモデルは 2 ・ 2 ・ 3 列になっていて、2列目から3列目までがウォークスルーになっています。

実はこの7人乗りの配置が、真ん中にスノーボードとか積めそうでいいなと思っています。


また、この手の車の3列目のシートって、おまけ程度の物が多いのですが、デリカD:5は3列目まで広々として、クッションも分厚くて座り心地も文句なしでした。


営業マンに話を聞くと、デリカD:5のボディーサイズは、ヴェルファイアやエルグランドよりは少し小さくノアやセレナよりは一回り大きいのだそうです。

もっともこのデリカD:5でさえ、かなりデカいのに、これより大きい車があるって事にも驚きです。


三菱デリカいよいよ試乗



次はいよいよ運転席に乗り込みます。

座って車内を見回してみると、外から見た時のような、とんでもない大きさは感じられず、違和感なく運転出来そうな感じでした。


ここで営業マンから、「このまま試乗も出来ますよ」との一言が。


いやいや、こぷ~すけも居るし、いきなりこんなデカイ車緊張するし・・・

と、最初は断っていましたが、気が付くとシートベルトを締めてデリカを走らせている自分がいました。


ちょとだけだよ・・・

乗ったからって買わないからね・・・



実際に走らせてみると、まず驚いたのは見通しの良さでした。

乗り込むのもちょっと大変なぐらい座面が高いので、前に普通の乗用車が居てもずっと先まで見渡せます。


まるでバスでも運転しているかのような感覚になります。

車体が大きいので、取り回しが一番心配でしたが、見通しの良さのおかげか、全然違和感なく運転出来ました。

都内に住んでたら買おうとは思わないけど、これならよっぽど狭い道に迷いこまない限りは全く問題ないと思います。


あと気になる走行性能の方も、自慢のクリーンディーゼルターボのおかげで、加速も非常にスムーズで、車高が高い割にはコーナーでも安定していて、とても気に入りました。



4WDシステムも機械式ではなく電子制御となっているので、雪道でも安心です。


機械式と電子制御の違いは、細かいことは良く解りませんが、機械式は滑ったら4WDに切り替わるのに対して、電子制御は滑りそうになったら4WDに切り替わるって感じですかね。


滑り出したら止まらない雪道の恐怖を知っている身としては、この差はかなり重要です。



あえて難点をあげるとすれば、ディーゼルエンジンの宿命ですが、エンジン音は結構大きめなので、気になる方は気になるかも知れません。

免許を取って一番最初に乗った車が、実家のトラックだった私には全く問題ありませんでした。

これはもう車探し一回目で買ってしまいそうな勢いですが、一番のネックはやはり価格でしょうか?

クリーンディーゼルモデルだと、車両本体価格が320万~となっているので、かなり高価な買い物です。


とりあえず候補の1つと言うことで、また別の車も色々見てみたいと思います。




【関連記事】
・  【RENAULUT KANGOO】 ルノー カングー ターボ EDC デビューフェア


スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/410-2e614ee9

スポンサーリンク