丹沢ハム工房 美味しんぼ「ソーセージとビールの巻」と無添加ハムの中津ミート - TREASURE / トレジャー日記

丹沢ハム工房 美味しんぼ「ソーセージとビールの巻」と無添加ハムの中津ミート

最近、ホットサンドを作る時やキャンプの時など、ウインナー、ハム、ベーコンなどの加工品をよく食べていますが、食品添加物がちょっと気になるところ。

元々、人気グルメ漫画「美味しんぼ」の愛読者なのと、子育てを始めてから色々と勉強して、口にする物には人一倍気を使っています。
(仕事帰りに特急列車に乗って、ビールとスナック菓子を食べたりもしていますが・・・)

そこで、前から気になっていた、無添加ハムを作っている「中津ミート(丹沢ハム工房)」さんの直売所へ行ってみました。

DSC_8938.jpg




スポンサーリンク

実は我が家で時々取り寄せている「大地宅配」で取り扱っているのが、中津ミートさんの商品で、近くに直売所があるのを知って、一度行ってみたかったのです。

冒頭でも登場した漫画「美味しんぼ」の16巻に、「50年目の味覚」と言う話があるのですが、無添加のソーセージと聞いて、この話を思い出しました。



昔ドイツに住んでいたご夫婦が、戦争で離ればなれになってしまうのですが、ご主人が大好物のソーセージとビールを断つ代わりに、奥さんと再会出来るように神様にお願いしたところ無事に再会することが出来たと言う話。

それから50年、今度は二度と離ればなれにならないようにとビールとソーセージを断ち続けていたのですが、金婚式を迎えた日に解禁して、50年ぶりにビールとソーセージを食べにやってきたご夫婦と、主人公の山岡さん一行が相席になるのです。

みんなで50年ぶりの感想を聞こうとしていた所、おじいさんは期待していた味と全く違ったらしく、ガッカリして帰ってしまう所から話は始まります。


最初は記憶を美化しすぎたのでは?とか、もうボケてしまったんじゃ・・・?などと言われていたのですが、真実は加工肉に大量に含まれている食品添加物や着色料、それに豚肉以外のつなぎがが原因で、昔ドイツで本物のソーセージを食べていたおじいさんの言っていた事が正しかったのでした。

ビールに関しても、麦芽とホップ以外に、米やコーンスターチなどが原料に含まれていたことが原因で、おじいさんは「もう本物はどこにもないのか」と嘆いてしまうのです。

そこで山岡さんが紹介したビールが、サッポロのエビスビールで、ソーセージはなかなか納得が行くものが無かったので、自分たちで作りに行く事にしたのです。

結論では、たとえ切り落としの肉であっても、上質な豚の肉であれば、添加物やつなぎなど使わなくても、ちゃんとしたソーセージが出来ると言う事でした。


前振りが長くなりましたが、そんな訳で(どんな訳?)、ここの無添加ソーセージには非常に興味がありました。

実際この話を読んだのが、エビスビールを好んで飲むようになったきっかけだと思います。

最初に読んだ当時は、きっと小学生ぐらいだったと思いますが、その時から「ビールはエビスビールに限る!」と思っていた訳ですね。

それぐらい私の中では「美味しんぼ」は影響力のある漫画なのです。

なんか途中からビールの話になってしまいましたが・・・


とりあえず何種類か買ってみました。

DSC_8969.jpg

もちろんこれは全て無添加の製品です。

いつもだとゴチャゴチャしている原材料の欄もスッキリしています。

DSC_8971.jpg

豚肉、塩、粗糖、香辛料、たったこれだけです。


これなら安心してこぷ~すけにも食べさせられます。


ソーセージを食べてみた感想は、やはり余計な調味料など入っていない為か、最初は少し物足りなく感じましたが、良く噛むとお肉本来の味がしっかり感じられ、とても美味しかったです。

家からは少し遠いけど、また近くを通ったら寄ってみたいと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/398-e7a2ea9a

  HOME  

スポンサーリンク