石垣山一夜城とヨロイズカファーム - TREASURE / トレジャー日記

石垣山一夜城とヨロイズカファーム

2015年10月18日


以前買った山登りの雑誌に載っていて、気になっていた小田原の一夜城に行ってみました。

DSC_8612.jpg

登山と言うよりハイキングコースっぽかったので、それほど期待していなかったのですが、景色も良く、目的地にはあの有名パティシエのスイーツも待っていて、予想以上に楽しめました。


スポンサーリンク

早川駅から石垣山を目指してハイキング



一夜城には東海道線の早川駅から歩いて行きます。
(東京方面からだと、小田原駅の1つ先の駅です)

早川駅の近くには小田原漁港もあるので、釣りやランチで何回か訪れた事があり、海のイメージが強かったのですが、今回は山登り(ハイキング)です。


11:30

早川駅に到着。

DSC_8530.jpg

この日はちょうど一夜城でお祭りが行われているらしく、駅からは臨時バスが出ていました。


バスの係員さんに歩くとどのくらいかかるか聞いたところ、「1時間はかかるね、けっこう坂だから」との事。

一瞬、片道だけバスに乗ることも考えましたが、元々山登りのつもりで来ているので、予定通り歩いてみる事にしました。


駅を出たら左手に進み、一号線に出て、セブンイレブンの前の高架下ガードを進みます。


11:45

ここからハイキングスタート。

石垣山一夜城歴史公園までは2,070m(←標高ではなく距離)です。

DSC_8532.jpg


早速スタートダッシュで駆け抜けていくこぷ~すけ。

DSC_8536.jpg


最近は途中まで自分で歩いてくれるので助かります。


画像では平坦に見えますが、けっこうな坂道です。


そして、新幹線の高架下をくぐります。

DSC_8538.jpg

ここからはさらに傾斜もキツくなってきましたが、坂道をものともしません。

ちょっと前は急な坂道だと、勝手にUターンしていたのに、逞しくなったものです。



後ろを振り返ると海が見えます。

DSC_8543.jpg

まだ登り始めて10分程ですが、既にずいぶんと登ってきました。



この辺からは石垣の上にみかん畑が続きます。

DSC_8546.jpg


こぷ~すけを抱っこしてみかんを見せていると、畑の世話をしていたおじさんが「みかんあげるよ~」と袋いっぱいのみかんをくれました。


なんでも、道路に面した部分は、通行人が勝手に取って持って行ってしまうのだそうです。


ひどい話だな~と思いつつも、どこか古き良き日本の話のようで、ほのぼのしました。


旅先で人の優しさに触れるのは、とても嬉しい事ですね。

おじさん、ありがとう!

DSC_8549.jpg


日差しが照りつける中、坂道を走りつづけてさすがにバテたのか、こぷ~すけがしゃがんで遊び始めたので、抱っこ紐に装着。

DSC_8550.jpg

それにしても凄く良い景色です。


みかん畑と海の見える景色は、瀬戸内海の離島にでも来たかのような気分にさせてくれます。

DSC_8558.jpg


ここで少し休憩し、おにぎりとおじさんからもらったみかんを食べました。


みかんはキレイなオレンジ色をしていましたが、まだまだ青い実が多い木から取れたものだったので、酸っぱいんじゃないかと思っていたのですが、凄く甘いみかんでした。

よく考えると、お店で売っているみかんは、もっと青い時期に収穫され、輸送されながら色づいて行くので、木に生ったま完熟されたみかんが美味しくない訳ありませんね。


冗談抜きで、加糖されたオレンジジュースぐらい甘かったです。


休憩を終え、さらに坂を上ると、広い車道に出ました。

そして、その先に、さらなる急坂が・・

DSC_8623.jpg


看板には、「ここを上がると一夜城への近道です。ただしウォーキングトレイルのルート外です」と書かれています。

DSC_8561.jpg


車道はなだらかですが、近道を進む事にします。

DSC_8562.jpg


坂道を汗だくになりながら歩くこと30分余り、またさきほどの車道と合流しました。


するとそこに「小田原オリーブ モデル園」の看板が。

DSC_8565.jpg


歩いている時、オリーブで有名な小豆島に似た感じだな~と思っていたのですが、やっぱり共通点が多いように思います。

(↑旅行好きですが、まだ四国には行ったことがないのですが・・・)



何か名産品でもあれば、十分観光地としてやっていけそうな、とても良い所です。


石垣山一夜城 到着



12:45 

石垣山一夜城歴史公園 到着

DSC_8566.jpg

途中休憩などしましたが、駅のおじさんが言ってたとおり、ちょうど1時間でした。


左手には駐車場と、yoroizukafarm(ヨロイズカファーム)

DSC_8569.jpg


先日亡くなられた川島なお美さんの旦那さんで、有名パティシエの鎧塚シェフが手掛ける地産地消を目指したレストランやパティスリー、直売場などがあります。

DSC_8571.jpg


目の前には畑などもあり、その先には海も見えます。

DSC_8585.jpg


コスモスが満開でした。

DSC_8595.jpg


これは一瞬ラベンダー?っと思ったけど、ちょっと違う気がして、帰って調べたらアメジストセージ(サルビアの一種)と言う名前の花でした。

DSC_8602.jpg


鎧塚シェフのスウィーツはあとのお楽しみと言うことで、先に一夜城に向かいます。


13:00

石垣山一夜城入口

DSC_8605.jpg

階段を登り始めると、降りてくる鎧塚シェフとすれ違いました。祭りなので来ているのですね。


10分ほどで広場に出ると、この日はお祭りだったので、色々なお店とちょっとしたイベントが開催されていました。

DSC_8607.jpg


大きな窯でぐつぐつおいしそうなものが・・・

DSC_8609.jpg


合戦鍋 1杯 100円

DSC_8610.jpg


持ってきたおにぎりと一緒においしく頂きました。


食事の後、お城があった石垣山の上まで登ってみる事にしました。

DSC_8611.jpg


と言っても、歩いてすぐなのですが、ちょっとした展望台があり、目の前に絶景が広がっていました。

DSC_8613.jpg


眼下には海が広がって波打ち際まではっきりと見えました。

DSC_8612.jpg


この石垣山 一夜城は、かの豊臣秀吉が小田原攻めの際に築いた陣城跡です。


小田原城から見えないように建設を進め、完成後に周囲の木を一夜で伐採したため、小田原城の北条氏側からは、一夜でお城が出来たように思わせ、戦闘意欲を失わせたと言うのは有名な話で、それが一夜城の名前の由来になっているようです。


小学生の時に、「まんが日本の歴史 豊臣秀吉編」で一夜城の話を読んだことがあって、実際にその場所に来れて感激してしまいました。
(実際には本で読んだ一夜城は、岐阜県大垣市の墨俣城だったようです)

何個城作ってるんですか・・・


一夜城ヨロイヅカファーム



ちょっとした歴史の勉強も終え、いよいよお楽しみのスウィーツの時間です。


お店まで戻ると、鎧塚シェフが快く写真撮影応じていました。

DSC_8616.jpg


それが終わると、お客さんを迎え入れるために、ドアの開け閉めまでしていました。

DSC_8620.jpg

テレビにも出るほどの有名人なのに、特に気取った感じもなく、挨拶にも快く答えてくれて、とても良い人でした。

やはりどんなジャンルでも、一流の人は違いますね。


ケーキは高めですが、コーヒーなどのドリンクは250円ぐらいと良心的でした。

DSC_8617.jpg


この日はお祭りもやっていて、店内もテラス席も人でいっぱいだったので、またの機会にゆっくりと寄りたいと思います。


とりあえず今回はこれだけ。


期間限定のマロンソフトクリーム 380円

DSC_8618.jpg


こぷ~すけが疲れてダウンしている間に、こっそり頂きました。

DSC_8621.jpg


帰りも海を眺めながら、歩いて下って行きます。

DSC_8624.jpg


坂が急勾配なので、結構足にきましたがあっという間に下って来れました。


終盤にはこぷ~すけも復活。

DSC_8625.jpg

坂はキツイけど、車も通らない舗装路なので、子連れにもピッタリのハイキングコースです。

何より本当に景色が素晴らしいので、何度でも来たくなる所でした。

今度は人が少ない時に来て、鎧塚シェフのスウィーツも頂きたいと思います。



↓石垣山一夜城はこちらの本に載っていました。




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/389-8cc4097d

スポンサーリンク