大野山 富士山を見ながら子連れ登山 | 谷峨駅 ~大野山~ 山北駅 - TREASURE / トレジャー日記

大野山 富士山を見ながら子連れ登山 | 谷峨駅 ~大野山~ 山北駅

2015年5月6日


GWの最終日に、神奈川県足柄上郡にある大野山に登って来ました。

DSC_6522_201506072301354f8.jpg





大野山は電車で行ける山なので、こぷーすけを背負って、電車で向かいました。



東海道線の国府津駅で御殿場線に乗り換え、谷峨駅からスタートです。

DSC_6345.jpg





スポンサーリンク


駅には登山客がたくさん居ました。

DSC_6340.jpg






こぷ~すけ君も、今回はおニューの登山帽をかぶって参戦です。

DSC_6341.jpg





9:50

駅を出て登山口に向かいます。






駅前からは目指す大野山の山頂が見えます。

DSC_6348.jpg



大野山は山頂が牧草地になっていて木が生えていないので、一目でわかりました。






まずは登山口まで舗装路を歩いて行きます。



駅前から所々に登山用の案内板がが出ているので、迷うこともありません。

DSC_6349.jpg



DSC_6353.jpg



しばらく歩くと吊り橋が出現。

DSC_6356.jpg




これを渡ると登りが始まりました。

DSC_6363.jpg




こーゆー舗装路の登りは地味に疲れます。





10:20

この舗装路をしばらく登って行くと、見落としそうなぐらい小さな登山口を発見。

DSC_6366.jpg




この民家の横の小路が登山口になります。

DSC_6367.jpg





勾配は緩やかで、こぷ~すけを背負っていても、軽快に登って行けました。

DSC_6368.jpg





この日は天気が良くて、最高の登山日和です。

DSC_6385.jpg




DSC_6377.jpg




気持ちのいい陽気に、こぷ~すけもご機嫌です。






しばらく登って行くと、また舗装路にぶつかりました。

DSC_6372.jpg




どうやらジグザグに走る車道の間をショートカットするように、登山道があるようです。






11:10

さらに進むと、東屋の所に無人の販売所がありました。

DSC_6402.jpg



DSC_6399.jpg




DSC_6400.jpg




ふきみそが美味しそうだったので、買って行こうかと思いましたが、帰りに通った時でいいかなと思い、

ここではおにぎり休憩だけにしました。

DSC_6401.jpg




(結局、帰りは別ルートだったので買えませんでした…)


子連れ登山は荷物の重量を増やす訳にはいかないのです…






この先も長い階段があったので、ゆっくりと登って行きました。





11:30

しばらくすると登山道の途中にフェンスが張ってありました。

DSC_6403.jpg





このフェンスを開けて先に進むと、突然視界が開けました。

DSC_6432.jpg




山頂付近の牧草地に出たようです。




さっきのフェンスは牛が逃げないようにしているのかな?




木が生えていないので、高い山に登って森林限界を越えたときの様な感覚です。





振り返ると絶景が広がっていました。

DSC_6419.jpg



今日は富士山もバッチリ見えます。

DSC_6406.jpg




谷峨駅はあの辺かな?

DSC_6444.jpg



こー見ると結構登ってきたな。





この辺りの高さは、ちょうどスカイツリーと同じみたいです。

DSC_6434.jpg




さらに登っていくと牛舎がありましたが、ここには牛は居ませんでした。





山頂まではあと少しです。

DSC_6447.jpg





あのなんちゃって森林限界を越えた後は、ずっと富士山を眺めながら登れます。



低山なのに、なんとも贅沢な山です。






そして山頂までの最後の登りが現れました。

DSC_6451.jpg



順調に登って来たけど、意外と長かったな・・・




階段を登り切ると、山頂に出る直前に、登山ではなかなかない光景が…






それが、この舗装路です。

DSC_6452.jpg




DSC_6454.jpg





実は大野山は、車で山頂まで登ってこれる山なのです。

DSC_6455.jpg




万が一の時はタクシーでも呼べば、車で帰る事も出来ます。




これほど子連れ登山に向いている山もなかなか無いでしょう。





12:20

何はともあれ、大野山(標高723.1m)制覇です。

DSC_6522_201506072301354f8.jpg





こぷ~すけ君の記念写真もパチリ。

DSC_6459.jpg



やっぱりどこか誇らしげです。





山頂からも富士山の眺めが素晴らしかったです。

DSC_6475.jpg



DSC_6497.jpg






山頂直下には牛も放牧されていました。

DSC_6513.jpg




あとで行ってみよう。




ここで休憩を兼ねて、こぷ~すけの離乳食タイムです。

DSC_6485.jpg





大人もおにぎりを食べて、下山に備えます。

DSC_6492.jpg




帰りは谷峨駅に戻るか、山北駅方面に進むか迷いましたが、せっかくなので違う道を通ってみようと

言うことになり、牧場経由で山北駅を目指すことにしました。





13:10

まずは牧場で牛さんにご挨拶。

DSC_6528.jpg




こぷ~すけは、不思議そうな顔をして、牛を眺めていました。





この下にある売店で、搾りたての牛乳が飲めるようなので、行ってみる事にしました。

DSC_6532.jpg





牛が居た所からすぐの所に、立派な建物がありました。

DSC_6534.jpg


DSC_6537.jpg






中に入ると大野山の説明や、牛乳の展示などがありました。

DSC_6538.jpg




外にある自販機で早速牛乳を買ってみました。

DSC_6541.jpg



瓶に入っているだけで、なんだか美味しそうに見えます。






こぷ~すけが寝ている隙に、家から持ってきたマドレーヌと一緒に頂きました。

DSC_6540.jpg



DSC_6542.jpg



疲れが吹っ飛ぶ美味さです。






ここから先はずっと舗装路での歩きとなる為、ちょっとだけ嫁にベビーキャリアを背負ってもらいました。

DSC_6548.jpg





普段、抱っこ紐で子供を抱えているだけあって、なかなかしっかりした足取りでした。




舗装路は意外と足にくるので、この小休憩は助かりました。




まだまだ駅までは距離があるようです。

DSC_6550.jpg



途中、花を眺めたり、

DSC_6554.jpg



DSC_6555.jpg



DSC_6562.jpg





茶畑を眺めたり、

DSC_6552.jpg




木彫りの動物達を眺めながら、ドンドン下って行きました。

DSC_6553.jpg




思っていた以上に距離があって、なかなかしんどかったです。





14:30

途中の水場で顔を洗って、少しだけリフレッシュ。

DSC_6558.jpg






下り終わって平地まで辿り着いたけど、駅まではまだまだ長いな~。

DSC_6560.jpg




途中のカフェで一息入れようかとも思いましたが、いいお値段だったので素通りしました。

DSC_6566.jpg





カフェのすぐ近くには、こんな木彫りの犬が・・・

DSC_6565.jpg




ホントに疲れたワン・・・




この後もひたすら舗装路を歩き続けて、

DSC_6569.jpg





15:30

何とか山北駅に到着。

DSC_6571.jpg



あ~疲れた・・・




帰って調べてみると、全部で15kmぐらい歩いたようですね。



標高も距離も、子供を背負って登った中では一番キツかったわけです。


どうりで足がビリビリするぐらい痛い訳だ・・・




距離は長かったけど、登山道は全体的に良く整備されていて、万が一の時は車でも帰れる事を

考えると、大野山は子連れ登山にとってもオススメの山でした。




でも次はもう少しゆるめの山に登ってみようかな・・・



本日のコースタイム

9:50  谷峨駅出発

10:20 登山道入り口

11:10 東屋

12:20 山頂 (お昼ご飯)

13:10 牧場&まきば館

14:30 水場

15:30 山北駅



↓大野山登山はこちらの本に掲載されていました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/340-168c2095

  HOME  

スポンサーリンク