贅沢三色しらす丼(生シラス・釜揚げシラス・シラス佃煮)と離乳食づくり - TREASURE / トレジャー日記

贅沢三色しらす丼(生シラス・釜揚げシラス・シラス佃煮)と離乳食づくり

今年初めて生シラスが手に入ったので、生シラスをたっぷり乗せた、

シラス三色丼(生シラス・釜揚げシラス・シラス佃煮)を作ってみました。

DSC_58751.jpg



スポンサーリンク


最近通い詰めている気がしますが!?、実家にしらすを送ろうと、丸八丸さんへ。

20150322_142429.jpg





途中、「あぶさん」の前を通った所、大盛況で満席だったので、自宅にもしらすを買って家で作ることにしました。


・釜揚げしらす 600円

・つくだ煮 600円

・生しらす 600円

DSC_5868.jpg


生しらすは初めて買いましたが、600円なのにたっぷり入っていました。



獲れたその日しか売っていないので、大変貴重ではありますが、加工手間がないので、

3つの中でも、一番ボリュームがありました。

お店で食べたら、3,000円ぐらいは取られそうな量です。






・いかしらす 300円 もおつまみに追加

DSC_5870.jpg





生しらは身が透き通っていて、とてもキレイでした。

DSC_5872.jpg



酢飯にゴマをまぶし、釜揚げしらす、しらすの佃煮、大葉をちらし、その上に生シラスを山盛りで乗せて

豪華なしらす丼が完成!

DSC_5876.jpg



針しょうがやネギをまぶしても美味しいけど、臭みは全くないので、このままでも美味しかったです。



↓こちらはあぶさんのしらす丼。 う~ん、比べてみるとすごいしらすの量です。

あぶさん_141012_1203_01




この量で二杯分作りましたが、買って来た量の半分ぐらいしか使っていないです。



一杯当たり250円~300円ぐらいで作れてしまいました。





生しらすはまだまだ残りましたが、生しらすは足が速いので、親子丼のように甘辛く煮てみました。



水、麺つゆ、砂糖、で玉ねぎを煮込み、

DSC_5880.jpg



玉ねぎに火が通ったら、生しらすを投入。

DSC_5882.jpg



最後に卵でとじれば完成。

DSC_5886.jpg



玉ねぎの代わりに、ゴボウを使って柳川風にしても美味しいみたいです。






そして、初めてこぷ~すけの離乳食作りにも挑戦!

(離乳食はいつも嫁にまかせっきりです)




釜揚げしらすを一度湯がいて、冷蔵庫にあった、ニンジン・玉ねぎ・えびいもと一緒に煮てみました。

だしは茅乃舎だしを使用。

DSC_5878.jpg



しらすはカルシウムが豊富なので、離乳食にもいいそうです。



そこらのスーパーで買って来たしらすとは訳が違うので、栄養満点の離乳食となりました。



先に味見させてもらいましたが、大人が食べても十分美味しかったです。




ちゃんとしたダシを使って、素材の味を引き出せば、調味料なんか使わなくても美味しいって事に

気付かされる味ですね。





しかし0歳から茅野屋だしに釜揚げしらすとは、なんとも贅沢な赤子ですね・・・



せっかく料理が作れるので、またこぷ~すけの離乳食作りにも挑戦してみたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/332-6d1dcdc0

スポンサーリンク