【段ボール燻製】 チーズの燻製とたまごの燻製 - TREASURE / トレジャー日記

【段ボール燻製】 チーズの燻製とたまごの燻製

先日作ったダンボール燻製器で、さっそく燻製を作ってみる事にしました。

燻製器作りの記事はコチラ → ダンボール燻製器

今回チャレンジするのは、初心者でも簡単に作れる、チーズの燻製と、コンビニおつまみでも定番の玉子の燻製(燻たま)です。

自分一人で挑戦する、初めての燻製作り、果たして上手くできるのか!?

スポンサーリンク

燻製作りは、食材の塩漬けや風乾などの工程が面倒なのですが、初心者がやる場合には、そのままでも食べられる食材を使うと、それらの工程を省くことが出来ます。

そんな中でも『風乾』の工程は大事で、食材の表面に水分が残っていると、上手く煙を纏ってくれないらしいのです。

そーゆー意味では、チーズはそのまま燻製に出来るので、初心者向けの食材と言えるでしょう。

自宅はマンションなので、まずは煙を出しても迷惑にならない場所に移動。


そこに手作り燻製器をセットして、食材を並べていきます。

DSC_3890.jpg

玉子はしょうゆ漬けにしたものを、キッチンペーパーで水気をふき取ってから燻製にしました。


燻煙材はこちらのスモークウッドを使用。

DSC_3891.jpg



1本を1/4ぐらいの長さにカットして使用します。

このサイズでも、2時間ぐらい煙を出し続けてくれます。

燻煙材に火をつけて、燻製器の底にセットしたら、あとは蓋をして待つだけ。

DSC_3894.jpg

しばらくすると、箱からモクモクと煙が出てきました。

DSC_3937.jpg

待ってる間は何もやる事がないので、紅葉の撮影をしたりして、時間を潰しました。

DSC_3917.jpg

途中で中を確認すると、しっかりと煙が充満していました。

段ボール燻製

そして待つこと1時間半、初めての燻製が完成しました。

段ボール燻製


最初の状態に比べると、スモークされてとても良い色になっています。

さっそく試食!・・・と行きたい所ですが、燻製は出来たてよりも、少し置いてスモークを馴染ませた方が良いらしいので、持って帰って楽しむ事にしました。


そしてこちらが、その日の夕食。

段ボール燻製

燻製チーズに合わせて、帰りにちゃっかりワインも買ってきました。

チーズも玉子も、いい感じにスモークを纏っていて、とても美味しかったです。

DSC_3971.jpg

ちなみにチーズはQBチーズを使っていますが6個入りで100円しないチーズとは思えない味になります。
→カマンベールとブラックペッパーがオススメ。

これはヤミツキになりそうです。


これからもまた、色々な燻製に挑戦してみたいと思います!




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/292-ab109d49

  HOME  

スポンサーリンク