ニジマスの燻製 | 手賀沼フィッシングセンター - TREASURE / トレジャー日記

ニジマスの燻製 | 手賀沼フィッシングセンター

2014年11月23日


千葉県の手賀沼フィッシングセンターに行ってきました。

DSC_3774.jpg


こちらでは、ニジマスやヘラブナなどの釣りが楽しめます。





今回は、ただ釣り堀に魚を釣りにきた訳ではありません。


今回の目標は、釣った魚で燻製を作ることです。





スポンサーリンク

実は、10月に会社の人達と日帰りバーベキューに行った時、会社の大先輩が燻製を

作ってくれて、燻製作りに非常に興味を持ちました。




その後、会社で燻製の道具などについて色々と質問をしていた所、その大先輩(以後、燻製師匠)が

今回の燻製道場を開催してくれる事になったのです。






まずは何としてでもニジマスを釣らなければなりません。




子供はベビーカーでぬくぬくと見学です。

DSC_3801.jpg


「釣れたら教えてねぇ~」






最初はちゃんと釣れるのか若干不安でしたが、そこはさすがに釣り堀。



一度コツを掴めば、面白いようにドンドン釣れました。

DSC_3797.jpg



DSC_3788.jpg





あっという間に、燻製師匠と私と嫁の三人で、10匹以上釣れたので、これで燻製の材料はバッチリです。

DSC_3784.jpg





釣ってすぐに、燻製作りの下ごしらえに取り掛かりました。




まずはニジマスのワタとエラを取り、塩漬けにします。

DSC_3814.jpg




この塩漬け用の液も、前日に燻製師匠が作ってくれていました。




ニジマスを塩漬けにしたまま、燻製師匠のお宅に移動しました。




通常、燻製作りには、塩漬けに数日、その後乾燥(風乾という)させてからやっと燻製が

出来るのですが、今回は勉強の為、一日完結コースで予定を立ててくれたようです。




その為、移動時間なども、塩漬けの時間として利用しました。




燻製師匠のお宅に到着したら、さっそく次の工程の風乾に取り掛かります。






魚のお腹に、折った割り箸を入れて開き、口に糸を通してぶら下げて乾燥させます。

DSC_3820.jpg




DSC_3819.jpg



う~ん、なんか燻製作りっぽくなってきた。





乾燥させている間、燻製師匠のお宅で、お昼も頂いてしましました。




さらに、食後に笹かまとチーズの燻製も作ってくれました。

DSC_3836.jpg



お酒が飲みたくなる味です。





そうこうしているうちに、風乾も良い感じになって来たので、いよいよ燻製に取り掛かります。

DSC_3832.jpg




こちらは燻製師匠お手製のダンボール燻製器です。

DSC_3834.jpg




燻製には特別な道具が必要なイメージだったのですが、こんな手軽に出来る物なんだと知った事が、

一番の収穫だったのかも知れません。











そして煙をあてる事2時間弱、遂にニジマスの燻製が完成しました。

DSC_3851.jpg



さらに、一緒に燻製していた牡蠣も良い感じに仕上がっていました。

DSC_3850.jpg




一緒に置いてある柿の種も実は燻製してあります。





どれもしっかりとスモークの香りをまとっていて、食欲をそそります。

DSC_3845.jpg




この日の燻製道場はこれで終了。


お土産に、ニジマスの燻製と、牡蠣の燻製を戴いて帰りました。




さらにオマケで、燻製師匠の家にあった、八丈島の焼酎も戴きました。

DSC_3843.jpg



お言葉に甘えて、この中から二本も戴きました。


燻製をつまみに、帰って飲んでみたいと思います。





家に帰って、さっそく今日作った燻製を食べてみました。




ニジマスは燻製時間が短かったので、一度軽くグリルで焼いてから食べてみました。

DSC_3862.jpg





牡蠣の方は、そのまま食べても十分美味しかったのですが、ちょっとだけ手を加えてみました。

オリーブオイルで炒めて、ブラックペッパーをたっぷり振って、ちょっと洋風な感じになりました。

DSC_3854.jpg




手作り燻製の豪華な食卓になりました。

DSC_3859.jpg




お昼に釣ったニジマスを、1匹塩焼きで食べてみたのですが、こちらの燻製された方は、

スモークの良い香りを纏い、奥深い味になっていました。






今回は、魚を釣る所からのスタートだったので、色々と行程も多かったのですが、

難しい技術などは特に必要なかったので、これなら自分でも出来そうです。




今回の燻製道場は非常に勉強になりました。



今度早速ダンボールで燻製器を作って、自分でもやってみたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/285-bddff587

スポンサーリンク