GWの金時山 登山 ① | 金太郎コース 地蔵堂バス停~夕日の滝分岐(猪鼻砦跡) - TREASURE / トレジャー日記

GWの金時山 登山 ① | 金太郎コース 地蔵堂バス停~夕日の滝分岐(猪鼻砦跡)

2014年5月6日

GWの最終日に、久しぶりの登山に行ってきました。

今回登った山は、前から行ってみたかった金時山(きんときやま)です。

金時山_140506_4970

山頂からは富士山の絶景が見れるとあって、神奈川県では大山と並び大変人気の山のようです。

さらに金太郎伝説の発祥の地としても有名です。

今回は、現在嫁が妊娠中の為、初めての単独登山です。


妊娠中の嫁を一人残して行くのは、少し気が引けたのですが、嫁の方から日頃の運動不足解消の為と、山で安産祈願をしてくるように言われたので、金太郎のような元気な子供が生まれるようにとの願いも込めて、金時山を選びました。


スポンサーリンク


今回は初めての山で駐車場事情が分からないのと、一人と言う事もあり、電車とバスで登山口を目指します。

金時山は幾つかコースがありますが、金時山コースを選んでみました。

[参考] 南足柄市HP(足柄峠・金時山コース、金太郎コース)

御殿場駅~地蔵堂バス停


東海道線の国府津駅から御殿場線に乗換えて、

金時山_140506_4857

金時山_140506_4856

松田駅で下車し、地蔵堂行のバスに乗ります。

金時山_140506_4858

と、ここでちょっとしたトラブルが・・・

駅の横にある箱根登山バスの窓口で、事前に調べておいた「金時山ハイキングパス」と言うフリーパスを買う予定だったのですが、聞くと現在は取扱いしていないとの事。

このフリーパスは、箱根登山バスと箱根登山鉄道が、1日1,300円で乗り放題になるパスで、今回の登山にうってつけだったのですが、無いものは仕方がありません。

詳細は聞かなかったけど、GW期間中だけ無いとかそーゆー事なのかな?

途中下車もOKなので、帰りに途中で降りて箱根の温泉にでも浸かって帰ろうかと思っていたのに残念。。

金時山_140506_4859

さらに事前に調べていたバスの時間も間違っていたようで、待合室で30分ほど待たされました。


予定外の出来事もいくつかありましたが、無事にバスに乗り込み、地蔵堂のバス停に到着。

金時山_140506_4863

バス停の横には広い駐車場も有り、まだ十分に空きがありました。

金時山_140506_4861

これなら車で来ても大丈夫そうです。


駐車場には綺麗なトイレもあったので、ここでトイレを済ませて登山開始です。

夕日の滝を目指して登山開始


● 10:50

まずは1km先にある、夕日の滝を目指して歩いて行きます。

この辺りは棚田もあり、のどかな風景が広がっていました。

金時山_140506_4870

歩きだしてすぐに、大きな岩に説明書きがありました。

金時山_140506_4867

金時山_140506_4866

太鼓石と書いてありましたが、帰ってから調べてみると、別名は金太郎の遊び石といい、金太郎が幼少期に登ったり飛び降りたりして遊んだ石として、地蔵堂地区に伝承が残っているのだそうです。


さっそく金太郎ネタがきましたね!


● 11:15

さらに歩くと、意外とすぐに夕日の滝の所まで来ることが出来ました。

金時山_140506_4877

金時山_140506_4891

ここまで緩やかな登りの舗装路だったので、思ったより楽でした。


近くに行ってみると、滝行の真っ最中でした。

金時山_140506_4882

金時山_140506_4879

なかなか生で見れるものではありませんね。

あとはやっぱり滝と言えばコレでしょう。

金時山_140506_4883

シャッタースピードを遅くして、白糸の滝の出来上がり!

手持ちなので、背景がブレるのはご愛嬌!


滝の近くはキャンプ場になっていて、多くの人達で賑わっていました。

金時山_140506_4892

夕日の滝~分岐点


滝も眺めた所で、いよいよ本格登山の始まりです。

金時山_140506_4895

山頂までは2時間ちょっとのみちのりです。


舗装路から山道に入りましたが、まだまだ整備された道が続くので歩きやすいです。

金時山_140506_4899

金時山_140506_4897

天気も良くて、なかなかの登山日和です。

登山道は木が多くてとても静かでした。

金時山_140506_4901

このコースは沢沿いの道を歩くため、途中こんな感じの橋を何度か渡ります。

金時山_140506_4904

沢沿いを歩くのは気持ちがいいです。

金時山_140506_4906

金時山_140506_4915

12:00

分岐点らしき所に差し掛かりました。

金時山_140506_4905

金時山_140506_4914

足柄峠経由で山頂を目指すコースと、直接金時山山頂を目指すコース。

ここはやはり時間が短い方で・・・と言うことで、まっすぐ金時山山頂を目指します。

分岐点~山頂へ


この分岐の先から、少し登りがきつくなってきました。

金時山_140506_4917

時折、危険な個所も出て来ます。

金時山_140506_4920

これはもうハイキングってレベルじゃないのでは・・・?

金時山_140506_4918

橋も前日の雨で濡れていて滑りやすかったです。

金時山_140506_4919

ここからさらに道は狭くなり、登りもさらにきつくなって行きます。

金時山_140506_4928

金時山_140506_4922

金時山_140506_4921

息を切らしながら、必死に登って行くと、視界が開けて金時山の山頂が見えました。

金時山_140506_4930

まだまだ先は長いな。


ここから少しだけ道が平坦になったので、景色を楽しむ余裕も出て来ました。

金時山_140506_4925

登山道の所々に、キレイな花も咲いていました。



13:05

猪鼻砦跡の展望台に出ました。

金時山_140506_4935

金時山_140506_4932

奥に見えるのは富士山ですが、解りますかね?


ここが足柄峠コースとの合流地点になるようです。

金時山_140506_4936

山頂まではもうひと踏ん張り。

金時山_140506_4934

しばらくベンチで休憩しながら、富士山を眺めていましたが、この日はこれが限界。

金時山_140506_4937

金時山_140506_4940

再び山頂を目指して歩き始めました。


金時山登山②へ続く


スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/240-5332556a

スポンサーリンク