釣り ロッドケース自作 - TREASURE / トレジャー日記

釣り ロッドケース自作

先日釣り道具一式を揃え、早速釣りに行ってみましたが、良く考えたらロッドケースなどの小物はまだまだ全然揃っていません。

初回の釣行は車だった事もあり、竿は買ったときに入っていたプラスチックのケースに入れて持って行きました。


しかし毎回ケースに入れて持って行く訳にも行かず、ネットで竿ケースを色々探していると、なにやら気になる記事を発見。


それは塩ビパイプを使って、ロッドケースを自作すると言うもの。

どう考えてもお店で買ったほうが、収納が豊富だったり機能面でも勝るのは解っているのですが、つい面白そう!!と思ってしまい、早速ホームセンターに向かいました。


スポンサーリンク

そして買ってきたのがコチラ。


色々ありますが、要するに塩ビパイプを竿の長さ+αにカットして、蓋が出来るようにすればいいのです。

あと、見た目も大事なので、カラースプレーも買ってきました。

こう見ると、塩ビパイプのパーツも色々あるんですね。



底は接着剤でキャップを付けて塞ぎ、蓋の部分には、ネジで開閉出来るタイプのパーツを選びました。

取り付けも継ぎ手を間に挟んで接着剤で固定するだけ。


あっという間にそれっぽい形になりました。

あとは塗装して乾かすだけ。



乾燥している間、今度は肩紐を取り付けられるように、追加でパーツを購入して来ました。




もはや買ったほうが安いぐらいお金を使った気がしますが、そこは見なかったことに・・・



買ってきたパーツを取り付け、余っているバッグの肩紐を装着して完成!




猟銃でも出てきそうな、いかつい入れ物が出来上がりました。


しかし内部のクッションが全く無いので、布の入れ物も必要だな。






市販の竿ケースよりも頑丈そうだし、これなら車に乗せておいても、とりあえず安心です。


スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/229-d37ec73e

スポンサーリンク