大山登山 - TREASURE / トレジャー日記

大山登山

2013年9月



スイス記事ですっかり遅くなってしまいましたが、9月に登った大山の記事を書いて行きます。





今年、東京都から神奈川県に引越しをしたので、高尾山に変わるホームグラウンドを探しているのですが、

神奈川には丹沢山地があるので、今まで以上に山が身近になりました。







神奈川県での一発目は、有名な大山(おおやま)に登ってみることにしました。



標高は1,252mです。


高尾山の倍以上ですね。







大山までは自宅から車で30分ほど。



近いし車で行けるのもラクでいいです。


大山_130914_2643




登山口近くの駐車場は、朝8時前の時点ですでに満車だったので、少し離れた駐車場に車を停めました。




駐車場は十分に用意されていましたが、到着が遅くなるとドンドン遠くの駐車場に回されるため、

それだけで登山の難易度が上がります(←初心者には結構重要です)





駐車場から歩くこと10分。



ここから登山開始です。

大山_130914_2646




大山は古くから庶民の山岳信仰の対象とされている山で、山頂には阿夫利(あふり)神社本社が

建っています。




始めは参道のようになっていて、お土産屋さんが沢山ありました。

大山_130914_2647


そのため、まだ登山と言う雰囲気ではないのですが、ずっと階段が続くので、結構足にきます。





階段には大山にまつわるクイズが所々にありました。

大山_130914_2648





ケーブルカー乗り場を通り過ぎ、いよいよ本格的な登山道の始まりです。





スタート地点が二手に分かれているので、どちらに進むかここで決めます。

大山_130914_2650



左が女坂で右が男坂です。

大山_130914_2649





分岐点まで行って、標識を見てみると・・・

大山_130914_2652




大山_130914_2651




なるほど・・・

「きつ~い男坂」と「らくらく女坂」か・・・





普段は優柔不断な私ですが、嫁に聞かれるまでも無く左に進路を取っていました。


決断力のある男だと思われたかも知れませんね・・・




ここから足元はコンクリートから土と岩に変わりましたが、まだまだ階段は続くようです。

大山_130914_2657



事前に調べた所によると、大山は階段がひたすら続く為、トレーニングに最適との事。



富士登山のトレーニングの為、登る人が多いそうです。







登山道の所々に彼岸花が咲いていました。



大山_130914_2656



大山_130914_2655






少し登っていくと、登山道がいい感じの山道に変わりました。

大山_130914_2663




それでも所々に現れる階段。

大山_130914_2662






登山自体は久しぶりなので、なかなか堪えます。





しばらく歩くと、こんな長い階段が現れました。

大山_130914_2660





この階段を登り切り、中腹にある大山寺に到着。

大山_130914_2661





ここでまだ全行程の1/4ぐらいでしょうか?





この先もさらに階段が続き、傾斜もキツクなって来ました。

大山_130914_2671






さらに登って行くと、ケーブルカーの終点駅があり、阿夫利神社下社へと続く階段が現れました。

大山_130914_2664






さらに神社の脇から山頂に向かう階段があったのですが、これがまたとてつもなく長い・・・


大山_130914_2666


大山_130914_2668



登山と言うより修行だねこりゃ。






階段を登りきった所にあった石碑を何となくパチリ。

大山_130914_2669






この先もキツメの登りが続くのですが、雲が出てきて天気が崩れ始めました。

大山_130914_2672




途中では雨も降り出して視界も真っ白に。

大山_130914_2673




山頂からは富士山も見えるのですが、この分じゃ期待できませんね。





雨で水滴がついた蜘蛛の巣がキレイだったので、ここでもパチリ。

大山_130914_2676






終盤は天気も回復してきて、山頂までもあと少し。

大山_130914_2675



それでもまだまだ続く階段。

大山_130914_2689






最後の最後まで階段でしたが、この鳥居をくぐると

大山_130914_2679






大山山頂の阿夫利神社本社に到着。

大山_130914_2687




山頂はスゴイ人の数でした。

大山_130914_2686






手軽に来れるし、登山道も良く整備されているので、人気の山なんでしょうね。




残念ながら富士山は見ることが出来ませんでした。




富士山が見える山には良く登るのですが、山からはほとんど見たこことがありません。


これは日頃の行いがよっぽど・・・








久しぶりの登山でしたが、なんとか登りきる事が出来ました。

大山_130914_2683




標高が倍なだけあって、高尾山とは比べ物にならないくらいキツかったです。



確かに何度か登れば、富士山も簡単に登れるようになりそうです。







そんな訳で山頂でしばしの休憩。


この日の昼食は、家から持ってきたおにぎりと、フリーズドライのスープで軽く済ませました。

大山_130914_2685







待っていても全く景色が見えそうに無いので、食事を済ませてすぐに下る事にしました。







山頂からは全く景色が見えませんでしたが、下っている途中では所々で神奈川の街並みが見えました。


大山_130914_2690




大山_130914_2694





登りがキツかったので、下りも傾斜のキツイ階段が延々と続きます。





阿夫利神社下社の所にあるケーブルカー乗り場に着く頃には足がパンパンになっていました。





これはもうアレですね・・・




今回も得意の?ケーブルカーで下る事にしました。

大山_130914_2698






ケーブルカーであっという間に麓まで着き、お土産屋さんで買い物をして帰りました。

大山_130914_2700



久しぶりの登山だった為、今回時間を記録するのを忘れてしまいました・・・



大山は思ったより道程が長く、そこそこ体力が必要な山でした。




ここを平気で登れるようになれば、どんな山でも登れるようになるかも知れません。





アクセスもいいので、これからもトレーニングで何回か登ってみたいと思います。



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/216-fe310288

スポンサーリンク