スイス旅行 | 1日目 成田空港からチューリッヒへ  - TREASURE / トレジャー日記

スイス旅行 | 1日目 成田空港からチューリッヒへ 

6月末から7月にかけて、スイスに旅行に行ってきました。

以前、カメラ教室に通ったりしていたのも、全てはこの旅行の為でした。

旅行中も携帯からチョコチョコ記事をUPしていましたが、今回からは全12日間に渡るスイス旅行の完全版を、一眼レフで撮った写真と共に、数回に分けて書いていきたいと思います。


スポンサーリンク


カメラを見ると、1500枚ほど写真を撮っていたので、長くなりそうですが、興味のある方は最後までお付き合い下さい。

初回は出発から最初の滞在地、チューリッヒまでの話です。


今回の旅行はツアーではなく、個人旅行なので航空券からホテルに至るまで、全て自分達(ほとんど嫁)で手配しました。

成田空港からチューリッヒへ出発



長い旅行の為、荷物も多かったので成田空港までは車で行くことにしました。


かなり余裕を見て、空港には出発の2時間前に着けるように家を出たのですが、途中何度も渋滞に捕まり、到着したのは搭乗手続きの締め切り15分前でした。

もう本当に間に合わないかと思い、運転中も半泣きでした・・・

もう少しでスイス旅行が初日で終了してしまう所でした。


そんな訳で成田では写真を取る暇もほとんどなく無く、バタバタと飛行機に乗り込みました。

スイス一日目 (4)


行きはスイスインターナショナルエアラインズのチューリッヒ直行便を利用しました。
【JTB海外航空券】手配・発券手数料 0 円 !リアルタイム空席検索で楽々予約


離陸してしばらくすると、1回目の食事が運ばれて来ます。

時間が無くて、朝ごはんをを食べていなかったので助かります・・・

ラザニアとカレーが選べたので、私は早くもヨーロッパ気分を味わう為に、ラザニアを選択。

スイス一日目 (6)

嫁はカレーを選んでいました。

スイス一日目 (7)

どちらも朝食には重めな感じです。

しかも蕎麦とパンが一緒についてくるとか・・・

食事も終わりのんびり寛いでいましたが、スイスまでの飛行時間は約12時間半。

映画を見たり、本を読んだりしていても、なかなか時間が経ちません。


こちらはスイスから日本への旅行者向けの機内誌。

スイス一日目 (12)

この表紙・・・日本に対して間違った印象を与えませんか?

しばらくして小腹が空いた頃に、おにぎりが運ばれて来ました。

スイス一日目 (9)

絶妙なタイミングでうれしかったです。

今思えば、これでお米とはお別れになり、スイスでは小麦粉やじゃがいも中心の生活になりました。

もっと良く味わっておけば良かった・・・


そして飛行機はスイスに向けてドンドン進み、到着の二時間前ぐらいに最後の食事が運ばれて来ました。

スイス一日目 (10)

お肉が乗った焼そばのようなものでした。

座っているだけでも時間が経てば、お腹は空くものですね。


チューリッヒ空港からチューリッヒ中央駅へ移動



そして定刻通りにチューリッヒ国際空港に到着。

スイス一日目 (13)

広くてのどかな空港でした。

空港の前がすぐ駅ビルになっていて、ここから鉄道で本日の宿泊地であるチューリッヒ中央駅を目指します。

スイス一日目 (16)

ここで最初の難関。

外国で間違えずにちゃんと切符が買えるのか!?

スイス一日目 (17)

ほとんどが鉄道での移動となる今回のスイス旅行では、これが出来なければ話になりません。

スイスの言語は主にドイツ語と言う事なのですが、そこは人気観光地のスイスなので、ちゃんと英語表記も選べるようになっていました。

目的地の英語表記だけ読めれば、何とかなりそうです。

(実際には一等車と二等車どちらを選ぶかなど、ちょっと複雑ではあります)

スイスの駅には改札など無く、切符を買ったら勝手にホームまで進んで行きます。

スイス一日目 (20)

駅によっては街から階段を降りると、いきなりホームがあるような駅などもあり、改札が無い代わりに、乗り込むと必ず車掌さんがチケットの確認にやってきます。

慣れればなんて事は無い作業ですが、最初はいきなりドイツ語で話しかけられるので、若干緊張しました。

無事に切符も買えて、いよいよ電車に乗り込みます。

スイス旅行2日目 (2)

電車もカッコいいですね。

荷物満タンのスーツーケースを持ち上げ、必死に電車に乗り込みました。


スイスの鉄道では、荷物を駅で預けると、目的地の駅まで運んでくれる「ライゼゲペック」と言うシステムがあるのですが、カタコトの英語で万が一違う場所に送ってしまったらシャレにならんので、今回の旅行では、荷物は毎回車内に持ち込みました。

空港のある駅から、チューリッヒ中央駅までは15分程度で到着しました。

スイス旅行2日目 (3)

駅は大きなスーツケースを持った人達で賑わっています。

このチューリッヒ中央駅から、スイスの各地に鉄道が伸びています。


乗り場の案内を見ると、地下鉄なども含めて40番ホームとかまであるようです。

鉄道が発達しているスイスだけあって、駅の規模も桁違いです。

駅を出て、本日のホテルを目指して歩いて行きます。

スイス旅行2日目 (5)

街中には路面電車も走っていました。

それも次から次にやってくるので、道路を渡るのも一苦労です。

駅を出てすぐの川沿いには、いかにもヨーロッパらしい景色が広がっていました。

スイス旅行2日目 (14)


駅から15分ほど歩いて、本日宿泊する【Hotel St. Josef】に到着。

スイス旅行2日目 (9)

受付では陽気なスイス人(←たぶん)のお兄さんが対応してくれました。

部屋の中は山小屋風な作りですが、とてもきれいな部屋でした。

スイス初日ホテル

ただ一つ、部屋に入ってすぐにある事に気付きました。


エ、エアコンがない・・・


スイスは涼しそうなイメージだと思うけど、街中はこの時期とても暑いです。


この日も30度を超える気温の中、大きなスーツケースを転がしてきたので、汗だくだったのですが、部屋にある空調設備は扇風機だけ・・・

3階だったので、とりあえず窓を全開にしてみましたが、さほど変わらず・・・


落ち着いてから外を散歩して、夕食でも食べようかと思っていたのですが、この日は疲れていた為、すぐに眠ってしまいました。

疲れていた為、暑さも気にならなかったので助かりました。


スイスと日本の時差は7時間あるので、ホテルに着いた時は現地時間の17時ぐらいだったのですが、日本時間だと0時なので、眠くなるのもしかたないですね。


今日は移動だけでしたが、明日からはいよいよ観光の始まり。

明日はルツェルンを観光した後、山岳リゾート地のグリンデルワルトを目指します。




「チューリッヒ散策・ルツェルン観光」へ続く


スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/195-dde214dd

スポンサーリンク