博多グルメ!もつ鍋の名店「もつ幸」と博多屋台 - TREASURE / トレジャー日記

博多グルメ!もつ鍋の名店「もつ幸」と博多屋台

九州から本州へ歩いて渡れる!関門トンネル人道の続き

福岡への里帰り二日目。

昼過ぎまで実家でゴロゴロしたあと、この日は博多に移動しました。

目的はもちろん、美味しい物を食べることです。

バスで博多まで移動し、ホテルでチェックインを済ませ、早速食事に出掛けました。

今回選んだのは、もつ鍋の名店「もつ幸」です。

IMG_1158.jpg

博多駅から徒歩10分ぐらいの所にあります。

スポンサーリンク

もつ鍋の名店 もつ幸


有名店なので、予約をしておこうと思ったのですが、事前に電話をすると、予約は4名からしか出来ないと言われたので、17時の開店直後を狙って行きました。

狙い通り、すぐに案内されたのですが、店の中はすでに多くの人で賑わっていました。

まずはビールとお通しで乾杯。

IMG_1159.jpg

もつ鍋を注文し、待っている間に酢もつとゆで豚を頼んでみました。

IMG_1161.jpg

どちらもお酒にピッタリ。

やはりもつ鍋専門店だけあって、もつが新鮮なのか、酢もつは特に美味しかったです。

そしてコチラが本命のもつ鍋。

IMG_1160.jpg

上に乗っているのは餃子の皮です。

鍋を火に掛けて、頃合いになると店員さんが仕上げてくれるので、それまでは触らずにじっと待ちます。

IMG_1163.jpg

普通、もつ鍋と言えば醤油味か味噌味がほとんどですが、このお店は鶏ガラベースのスープで炊いて酢醤油につけて食べていただく水炊き風のもつ鍋。

酢醤油に柚子胡椒を入れると、さらに美味しさがアップ!

サッパリしていて、いくらでも食べられます。

自分の中では、このお店のもつ鍋が日本一美味しいと思っています。

(あくまでも自分が食べた事がある中での話ですが・・・)

もつも新鮮で、プリプリしてとても美味しいです。


さらに人気のサイドメニューに、焼き餃子と水餃子があるのですが、この水餃子を鍋に入れるのがオススメの食べ方です。

餃子がスープをたっぷり吸って、これまた絶品です。

最後に、もつ鍋のシメと言えば、やっぱりチャンポン麺。

IMG_1164.jpg

これも店員さんが付きっきりで、スープが無くなるまで混ぜてくれ、最後に大量のすりゴマをかけて完成。

スープも無駄にせず、最後まで美味しく頂きました。

何年も来てなかったのですが、相変わらずの美味しいもつ鍋で大満足です。


チョコレートショップ


店を出て、少し辺りを散策する事に。

この日は博多名物の屋台にも行く予定なのですが、まだ時間が早いので腹ごなしに歩いていました。

そして、店を出てわずか数百メートルで、さっそく私のグルメセンサーが反応しました。

IMG_1169.jpg

看板にはチョコレートショップと書いてあります。

博多で70年の歴史を誇る、チョコレートショップだそうです。

IMG_1177.jpg

ちょうど甘い物が食べたかった所なので、さっそく入ってみると、

IMG_1167.jpg

美味しそうなお菓子がズラリと並んでいました。

屋台に行く前の腹ごなしの最中なのですが、美味しそうなお菓子の誘惑に負けてしまい、結局二つほどケーキを購入。

途中でコーヒーも買って、一度ホテルに戻りケーキを食べてしまいました。

結構満腹になってしまいましたが、初志貫徹と言うことで、少し休んでから屋台を目指しました。


博多の屋台


ホテルを出て、那珂川沿いを歩き、屋台を探します。

IMG_1186.jpg

しばらく歩くと、屋台の並ぶ所を発見。

IMG_1183.jpg

基本的にはおでんとラーメンの屋台がメインなのですが、中には天ぷら専門店や、バーテンダーがいるオシャレな屋台などもあります。

どこが良いお店か分からないので、適当に店を選びおでんと瓶ビールを注文。

屋台だけあって、隣の人と肩がぶつかるほど狭い店内ですが、店員さんとのやり取りや、お客さん同士の会話で賑わっていました。

おでんをつまみにビールを二本飲み、シメにラーメンを食べて博多の夜を締めくくりました。

ホテルの近くに有名な「一蘭」の本社兼店舗もあったので、こっちにも行ってみたかったのですが、一蘭は都内でも食べられるし、今回は屋台を選びました。

IMG_1171.jpg

ビルの各階に提灯がぶら下がっていて、面白い建物でした。


今回も食べてばかりの旅行(帰省)となりましたが、やっぱり福岡は良いところです。

今は仕事の関係で東京にいるけど、いつかは帰りたいですね。


そして翌日、東京に戻る予定だったのですが、なんと羽田空港が大雪の為、搭乗予定の便が欠航に。

こんな事もあるんだね・・・

ある意味、貴重な経験です。


次の日は仕事だったのですが、仕方が無く・・・本当に仕方が無く休みを頂き、翌日に帰ることとなりました


おかげでもう一度実家に戻り、のんびりする事が出来ました。



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/149-1529d983

スポンサーリンク