沖縄旅行 | 一日目夜の部(沖縄グルメ編) - TREASURE / トレジャー日記

沖縄旅行 | 一日目夜の部(沖縄グルメ編)

前回の続き



一日目の観光を一通り終えた私達は、宿泊地でもある那覇市内にやってきました。




今回泊まるホテルは、国際通り沿いにあるので、夜も満喫出来ます。

チェックインを済ませ、さっそく夜の街に繰り出します。

沖縄_2012 (103)


なかなか賑やかですね。






この日は、沖縄に住んでいる友人が予約してくれた店に行きます。


せっかくの沖縄なので、沖縄の食材が食べられる店をリクエストしていました。



そして連れて行ってもらったお店がここ。

沖縄_2012 (104)


国際通りからすぐの所にある、「なかむら家」さんです。

入口からして渋くて良い感じ。




店内も多くの人で賑わっていました。

沖縄_2012 (116)




このお店、カウンターの横に氷が敷き詰められたスペースがあり、たくさんの魚が

見えるように置いてありました。


沖縄の地魚が豊富に揃っている事で有名なようです。





観光気分を出すために、この日は沖縄ならではの食材を中心に注文しました。





まずはオリオンビールで乾杯!

沖縄_2012 (109)







最初は定番の海ぶどうともずく酢。

沖縄_2012 (105)


海ぶどうのプチプチした食感がたまりません。




続いてフーチャンプルーとアーサー(アオサ)の天ぷら。

沖縄_2012 (106)


奥にあるのは、この店の名物、なかむら揚げ。

魚のすり身の天ぷらです。



フーチャンプルーはお麩を使ったチャンプルーで、見た目もヘルシーな感じですが、

味付けがしっかりしていて美味しかったです。


チャンプルーの具=ゴーヤのイメージがあるけど、これならゴーヤが苦手な人でも食べられそうです。

(実際にはチャンプルとは「「混ぜこぜにした」というような意味だそうです)




続いて豪勢に、地魚の刺身盛り合わせ。

沖縄_2012 (108)


聞いた事もない名前の魚ばかりだったので、お店の方にお願いして盛り合わせにして頂きました。



どれもモチモチとした食感で、今まで食べたことが無い味でしたが、大変美味しかったです。




つまみが並んで楽しくなって来たので、ここで泡盛をボトルで注文。

沖縄_2012 (111)


メニューの中から名前だけで選んだ、その名も「久米仙 奴樽蔵(やったるぞう)」


この日の気分にピッタリの名前です。


名前にもあるように、樽で貯蔵された古酒のようで、ウイスキーのような風味でした。






お酒の準備が出来た所で、まだまだ食べ物を頼みます。




こちらは魚のマース煮(塩で煮た物)

沖縄_2012 (110)


魚の名前は聞いたけど、忘れてしまいました。

(一度で覚えられるような名前ではなかったです)

クロダイ(チヌ)の仲間だと言ってたのだけは覚えていますが、確かにそんな味でした。





まだまだ食べます。

次は刺身の味噌和え。

沖縄_2012 (117)

これも沖縄独特の食べ方でしょうか?


刺身と野菜の酢みそ和えのような物で、しっかり味が付いているので、お酒がすすみます。




最後にカラシ菜の炒め物を頼みました。

沖縄_2012 (118)




いや~大満足。

もちろん泡盛のボトルも飲み干しちゃいました。



やっぱり店は地元の人に選んでもらうのが一番ですね。






お腹がいっぱいになった所で、国際通りのお土産屋を見てみました。

結構遅い時間までやってるんですね。

沖縄_2012 (119)



沖縄_2012 (120)




この日は見ただけで終わったのですが、次の日に買ったお土産は後日UPします。





このあと、さらに沖縄そばまで食べに行き、大満足でホテルに帰り、すぐベッドに倒れ込んで

寝てしまいました。


国際通り沿いのホテルを取っておいて正解でした。




二日目は本島中部~北部あたりを観光する予定です。



続く


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/134-83e6bb60

スポンサーリンク