谷川岳 登山 (雨の谷川岳) - TREASURE / トレジャー日記

谷川岳 登山 (雨の谷川岳)

2012年10月13日



群馬と新潟の県境にある、谷川岳に登ってきました。

谷川岳__88





谷川岳をネットで調べてみると、(以下、ウィキペディアから引用)

1931年(昭和6年)から統計が開始された谷川岳遭難事故記録によると、2005年(平成17年)までに781名の死者が出ている。この飛び抜けた数は日本のみならず世界のワースト記録としてギネス認定されている(8000メートル峰14座の死者の合計は637名)。1960年(昭和35年)には、岩壁での遭難事故で宙吊りになった遺体に救助隊が近づけず、災害派遣された陸上自衛隊の狙撃部隊が一斉射撃してザイルを切断、遺体を収容したこともあった(谷川岳宙吊り遺体収容)。



と、ありました。


あまりの遭難者の多さから、かつては「魔の山」とも呼ばれていたそうです。





ギネスってこんなのも認定してるんですね。

てか、誰が申請したんだろう?



これは今回も気を引き締めて登らねば!








今回はちょっと遠いので、朝の5時前に家を出発。

谷川岳_






関越道練馬ICから、まだ暗い高速道路を走ります。

谷川岳__04








しばらく走って上里SAで朝食を取ることに。

谷川岳__06

関越道に乗ると、朝食を食べるのは、ほとんどこの上里SA。




練馬から1時間弱で、休憩にもちょうど良いし、飲食店が充実しています。





この日は朝から吉牛の並盛り。

谷川岳__07


前日の夕飯が少なめだったので、ガッツリ行ってしまいました。




連れはきつねうどんで軽く済ませていました。

谷川岳__08






手早く朝食も済ませ、さらに高速道路を走り、水上ICから谷川岳を目指します。

谷川岳__09







水上ICから谷川岳に向かっていると、何やら怪しい雲が近づいて来ています。

谷川岳__11





やっぱり降って来ました。

谷川岳__12





この日は、全く雨予報なんか出ていなかったので、予想外の雨でした。



7:30

駐車場に着いた頃には、結構な勢いで降っていた為、しばらく車の中で待機しました。

谷川岳__13


ロープウェーの手前にあるこの駐車場は、ロープウェー乗り場まで500mほど歩きますが、無料でした。






天気予報を確認すると、だんだん天気が回復するようなので、雨が止むまで車の中で待つ事に。




車の中で待っている間、他の方は準備をして次々と出発していました。


途中から降りだしたのならともかく、最初から雨なのにみんな凄いな。


私は雨が止まなかったら、間違いなく登山を諦め、観光に切り替えていたと思います。






車で待つこと1時間以上。(朝早かったので、仮眠出来ました)



雨がすっかり上がって、日差しが出てきました。

谷川岳__15




8:50

少し出遅れましたが、準備をして出発します。







今回は、天神平までロープウェーを使います。

谷川岳__17





観光バスなどもたくさん停まっていて、チケット売り場は少し混み合っていました。

谷川岳__18



でもこのぐらいなら大した事ないな・・・と思っていたら、

谷川岳__21



ロープウェー乗り場までの連絡通路は、長蛇の列でした。


20分ほど並んだでしょうか?




通路には地元の写真愛好家の方達が撮った、谷川岳の写真が展示されていて、良い時間潰しになりました。

谷川岳__20



そしてやっと土合口駅(標高746m)の乗り場に到着。

谷川岳__23





今回もSUUNTOの時計に標高をセットしました。

谷川岳__25





そしていよいよ、ロープウェーに乗り込みます。

谷川岳__27



終点の天神平駅までは5分程度です。




ほんの少しですが、木々も色付き始めていました。

谷川岳__34




谷川岳__35





9:50

やっと天神平駅に到着。

谷川岳__37

駐車場を出発してから、1時間も掛かりました。








天神平駅の周辺は、冬場はスキー場として営業をしています。



5月のGW明けまで営業していて、春スキーのメッカとしても有名です。







ここからリフトを使って、さらに上まで行けるのですが、歩いて登る事にしました。

谷川岳__38




スキー場のトップ付近は、なかなか紅葉していますね。

谷川岳__41






さあ、いよいよ登山開始です。

谷川岳__43




谷川岳__44




最初の方はとても良く整備された木道なのですが、これが雨に濡れて滑る滑る。

谷川岳__45




しかも真っ直ぐだったらいいのですが、どこも結構傾いていて歩き辛い。

谷川岳__47



さすが魔の山・・・って、こーゆー事じゃないよね?



岩の上も人が歩いて泥が付いた所に、さらに雨で濡れていて、とても滑りやすかったです。

谷川岳__51







途中、鎖場も何箇所かあるらしいのですが、大丈夫でしょうか?






山頂方面は雲に包まれています。

谷川岳__49




とりあえず行ける所まで行って、危なそうだったら撤退で!



まだまだ先は長いです。

谷川岳__52





こんな危険な感じですが、登ってる人はたくさん居ました。

谷川岳__54



こんなに人がいると、自然の中に居る実感があまりないな。


谷川岳は人気の山だし、ちょうど紅葉の時期とも重なったのでしょうがないですね。






そうこうしている内に、鎖場が出現。

谷川岳__55




そんなに大変な所ではないですが、右手は谷なので注意して進みます。







10:40

鎖場の先にある、熊穴沢非難小屋に到着。

谷川岳__58



気が付けば、もう半分以上進んでいたんですね。

谷川岳__59





まだまだ余裕だったので、軽く水分補給をして、すぐに出発しました。






この分なら山頂もあっという間かも!


と、この時はこの先に待ち受ける試練など、知る余地もありませんでした。




続く

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/125-4f562714

スポンサーリンク