大人気の奥多摩・御岳山その1 ~ ケーブルカーを使わず山頂へ - TREASURE / トレジャー日記

大人気の奥多摩・御岳山その1 ~ ケーブルカーを使わず山頂へ

2012年9月16日

先週に引き続き、登山に行って来ました。

御岳山__76

今回の山は、高尾山に並ぶ都内の人気スポット、
奥多摩の、『御岳山(みたけさん)』 標高929mです。

スポンサーリンク

今回も少し寝坊しましたが、、10時過ぎに青梅線の「御嶽駅」に到着。

御岳山__01

電車を下りると、ホームは登山客らしき人達で溢れていました。

そして、駅を出て、向かい側にあるバス乗り場に向かうと、この通り、長蛇の列。

御岳山__04

これはバスを1~2本は待たないと・・・と覚悟していたのですが、バスが次々とやってきた為、10分も待たずに乗ることが出来ました。

御岳山__05

そしてバスに揺られること10分で、ケーブルカーの『滝本駅』に到着。

御岳山__06

ケーブルカー乗り場も、凄い人の数でした。

御岳山__07

寝坊した為、ケーブルカーを使う事も考えたのですが、意外と早く登山口に着いたのと、この人の多さを見て、ケーブルカーを使わずに、歩いて登る事にしました。


登山スタート


10:30

準備運動を済ませ、ケーブルカー乗り場の脇にある、この鳥居の所から登山開始!

御岳山__10

この滝本駅から、山頂付近の御岳山駅までは、ずっとアスファルトの道が続きます。

御岳山__12

ここは登山と言うよりハイキングですね。

でも結構勾配がキツイ為、なかなかしんどいです。

途中には色々な標識があり、説明書きもあったのですが、時間がないのでほとんどスルー。

御岳山__13

御岳山__15

黙々と舗装路を登って行きます。

御岳山__14

この木、根っこがほとんどむき出しですね。

御岳山__16

完全に舗装されていて、危険箇所も全く無いので、普段着で登ってる人もたくさん居ました。

御岳山__21

ここだけ見れば、完璧な登山スタイルの自分の方が、場違いな感じです。

登山道の杉の木には、番号の書いたプレートが付けられていて、登るにつれて数が減っていきます。

御岳山__22

御岳山__23

恐らく、これが0になったら山頂に到着するのでしょうが、まだまだ序盤ですね。

登山道には先週高尾山でも見た、ピンクの花が咲いていました。

御岳山__24

追記) この花はシュウカイドウでした! ⇒ リンク:みんなの園芸「シウカイドウ」

この日は雲行きが怪しく、最初から小雨が降ったり止んだりしていたのですが、ここで急に本降りになってきました。

急いでザックカバーだけ取り付け、山頂に急ぎます。

結構雨が強かったので、ここから山頂まではカメラをしまっていた為、しばらく写真は無し。


御嶽神社到着


11:55
いきなり御嶽神社に到着。

御岳山__25

この山、御岳だったり御嶽だったり表示が入り混じっていて、解り辛いな・・・

しかし山の上にあるとは思えない、立派な造りですね。

御岳山__26

ちょっと遅いですが、ここで登山の安全祈願して、さらに奥へ進みます。

まだ雨は降っています。

目指すは御岳山の人気スポット、『七代の滝』と『ロックガーデン』です。

御岳山__27

途中にある長尾平のベンチで、食事にしようかと思ったのですが、雨でベンチが濡れていた為、先に進む事にしました。

御岳山__29

この長尾平から滝のある所までは、長くて急な下りが続きます。

御岳山__31

下から見上げるとこんな感じです。

御岳山__33

この辺りから、雨も上がってきてました。

御岳山__36

雨上がりの山紫陽花。

この木は苔まみれでいい感じですね。

御岳山__41

根っこも凄い。

御岳山__43

こんな頼りない橋も渡って行きます。

御岳山__44


七代の滝


12:40
そして七代の滝に到着。

御岳山__49

ここまで来ると周りの景色も、どこかの深い山奥に来たって感じがします。

御岳山__61

ケーブルカーの駅からだと、そんなに距離が無いためか、ここでも普段着の人達が多いです。

ここまでの道は、なかなか険しいのにも関わらず、なんとサンダルで来ている人もいました。

いくらなんでも山をナメ過ぎです。

私なんて、ちゃんとした登山靴を履いているにも関わらず、滝のところで濡れた岩に足を滑らせて、思いっきり尻もちを付きましたから!(説得力ナシ!)

いや、逆に説得力ありすぎか・・・


でもこれって、今回は全くの無傷だったけど、それなりの場所だったらタダでは済まなかったかも。


いい経験だったと言う事で、転んだ恥ずかしさもあり、足早に滝から立ち去りました。


滝から次の目的地の天狗岩までは、長い階段を登って行きます。

御岳山__63

滝まで結構下って来たので、登りもなかなかハードです。

ケーブルカーで来た観光客が、滝まで行って帰ってくるだけでも、体力が無い人ではちょっと厳しいかも知れません。


この辺りから、完全に雨が上がり、霧も晴れてきました。

御岳山__65

13:05

次々と現れる階段を登りきると、鎖場が見えてきました。

御岳山__66

これが有名な天狗岩です。

御岳山__68

岩のてっぺんには天狗の像らしき物があります。

御岳山__67

ここはコースと言うわけではなく、登って下りて来るだけのアスレチックみたいなもんです。

こーゆーのは大好きだから、ちょっと登ってみたかったけど、さっき転んだばかりだし、岩もまだ濡れている為、今回はやめておきました。

ここからさらに先に進み、御岳山の人気スポットであるロックガーデンに向かいます。

ロックガーデンとは沢を縫うように作られた散策路で、苔むした岩肌と木々の緑が美しいコースです。

人によっては、プチ屋久島と呼ぶほど、幻想的な景色が広がっています。

御岳山__92

大きな岩に苔がびっしりと生えていて、確かに屋久島っぽいと言えば屋久島っぽい。

(屋久島には行ったことないけど・・・)

こんな美しい景色を眺めながら、沢沿いのコースを歩いて行きます。

御岳山__76

本当に景色が素晴らしく、ここまで来て、御岳山の人気っぷりにも納得です。

【御岳山その2 ロックガーデン】へ続く

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/115-a04004a0

スポンサーリンク