燕岳 登山 | 第一ベンチ~合戦小屋でスイカ - TREASURE / トレジャー日記

燕岳 登山 | 第一ベンチ~合戦小屋でスイカ

『中房温泉登山口~第一ベンチ』 の続き


第一ベンチの水場で水分補給も終え、次の第二ベンチを目指します。

燕岳1 (68)


この燕岳の登山道は、第一ベンチ→第二ベンチ→第三ベンチ→富士見ベンチ→合戦小屋と、それぞれ休憩ポイントが設けられており、小まめに休憩を取りながら登る事が出来ます。




スポンサーリンク


出発してすぐに、また階段が始まりました。

燕岳1 (80)


数は少ないですが、登山道には所々こんな標識も。

燕岳1 (82)


いまさら違うって言われても、戻るのイヤだけど。



おっ!野いちご発見!

燕岳1 (83)

コレ食べられるのかな?



途中には、かなり狭くなっている所もあるので、注意して進みます。

燕岳1 (85)



こんな長い階段もあります。

燕岳1 (86)

さすが北アルプス三大急登の一つと、言うだけの事はあるな。



ずっと続く登りに少し疲れてきた頃、上部にケーブルカーの鉄塔が見えました。

燕岳1 (90)


上部の合戦小屋に、荷物を運ぶためのケーブルカーです。


あとで出てきますが、このケーブルカーのおかげで、合戦小屋にはお楽しみも。


この鉄塔のある所から少し進むと、



9:35

第二ベンチに到着。

燕岳1 (96)



標高は1,820m。

燕岳1 (92)


SUUNTOの高度計の誤差は5m。

燕岳1 (93)


なかなか良い感じです。



休憩ポイントとなるベンチの間隔が絶妙で、ちょっとキツくなってきたかな?と思った頃に、ちょうど次のベンチが現れます。




この分なら無理なく登って行けそうです。




この第二ベンチで、朝買ってきたコンビにおにぎりを食べました。

燕岳1 (95)


まだまだ先は長いので、エネルギー補給も大事です。




おにぎりも食べ終わり、次の第三ベンチを目指します。




この道はちょっと高尾山っぽいな。

燕岳1 (98)


なだらかな道が続くのかと思ったら、

燕岳1 (101)


やっぱり階段が現れました。




空を見上げると大きな雲が。

燕岳1 (99)




写真では解りづらいですが、雲の切れ間から下の町並みも見えました。

燕岳1 (105)



天気が良い内にドンドン登りましょう。

燕岳1 (109)



これ階段と根っこが一体化してますね。



10:30

第三ベンチに到着。

燕岳1 (108)


やっと半分登りました。




この第三ベンチに、中学生の集団が次々と下りて来ました。

燕岳1 (111)

登山口で会った、山ガール二人組みが言っていた、中学生達のようです。


日帰りではなく、燕山荘に泊まったようですね。



あっという間に、ベンチのある広場は中学生で埋め尽くされ、落ち着いて休憩も出来ないので、すぐに出発しました。


この先でも次々と下りてくる中学生とすれ違ったのですが、中には元気に挨拶してくる子供も居て、全員に応えてたら息が続かないので、適当に流しました。



狭い所では、中学生が通り過ぎるのをずっと待たなければいけないので、なかなか先に進めません。

確か200人居るって言ってたもんな。


登りだからこっちが一応優先なんだけどね。




先生方も何人か居るんだから、もう少し分散させたりとか出来ないモンですかね?



ようやく中学生の行列が終わり、気を取り直して先に進みます。

燕岳1 (112)


この先も、もちろん階段が続きます。



ずっと階段でしんどいのもあるのですが、こんな所に階段を設置するのは大変だっただろうな。


そう思うと階段がキツいから嫌とか言ってる場合じゃないですね。




でもこの角度は・・・

燕岳1 (116)



すでに標高は2,000mを超えて来ました。

燕岳1 (113)


さらにドンドン登って行き、

燕岳1 (117)



11:15

富士見ベンチに到着。

燕岳1 (124)



ここは人も少なくて、ゆっくり休めました。

燕岳1 (125)



ここからは名前の通り、富士山が見えるらしいのですが、この日は雲に覆われて見えませんでした。


ここで水分補給と塩飴を食べて、次の合戦小屋に向けて出発しました。




出発直後は少しだけ平坦な道が続きました。

燕岳1 (126)

ずっとキツい登りが続くので、平坦な道はとても楽に感じます。



富士見ベンチを過ぎた辺りから、木の階段に変わって、岩の階段が増えてきます。

燕岳1 (127)




地面の土も、白っぽくなって砂地のような感じになります。

燕岳1 (129)



こんな岩も登って行きます。

燕岳1 (133)


もはやアスレチックのようです。

燕岳1 (134)



この辺りから、少し山に雲が掛かって来ました。

燕岳1 (135)


さっきまで見えていた町並みも、真っ白で見えなくなりました。

燕岳1 (136)


山頂の景色大丈夫かな?



でも先に進むしかありません。

燕岳1 (137)



この辺りは苔が多かったです。

燕岳1 (138)


花もちょっとだけ咲いていました。

燕岳1 (143)



しばらく歩くと、『合戦小屋まであと10分』の文字が。

燕岳1 (140)


目的地が近づくと元気が出ますね。


途中、大きな岩の脇を抜け、

燕岳1 (144)


あと5分!

燕岳1 (145)


11:55

合戦小屋に到着。

燕岳 合戦小屋


ここまで来れば、残りはあと少し。

燕岳 合戦小屋


さすがに足に疲れが出てきたので、ここでたっぷり休む事にしました。


まだ昼前だし、山小屋の夕食まで何も食べないのは、さすがにもたないので、ここでうどんを食べる事に。

燕岳 合戦小屋


さっき食べたおにぎりは、一体どこに行ってしまったんだろう・・・?



私はカレーうどんを注文。

燕岳 合戦小屋



こっちは連れが頼んだ、味噌煮込みうどん。

燕岳 合戦小屋



うどんを食べていると、ドンドン天気が悪化して来ました。

燕岳1 (149)



でもここまで来たらジタバタしてもしょうがないので、デザートも食べちゃいましょう。


さっき見たケーブルカーが運んで来てくれた物。

燕岳 合戦小屋



それがこの合戦小屋名物のすいかです。

燕岳 合戦小屋


長野県の松本市はすいか祭りがあるほど、日本有数の美味しいすいかの産地なのだそうです。



注文すると、目の前で豪快にカットしてくれます。

スイカ 燕岳 合戦小屋


1/8切れで800円と、かなりリッチなすいかですが、ここに来たら食べないとね。


お願いしたら、二人で食べやすいように半分に切ってくれました。

燕岳1 (162)


食べてみると、とっても甘くて美味しいです。

水分補給も出来て、一石二鳥。



のんびり食事をしていたら、雲も少し晴れて来ました。

燕岳1 (166)


みんな青空の下、美味しそうにすいかを食べていました。

燕岳1 (165)


しかし平日でこの人の数は凄いですね。



たっぷり休憩した所で、いよいよ本日の宿である燕山荘を目指します。

燕岳1 (167)




【合戦小屋~燕山荘】へ続く



スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ark-treasure.com/tb.php/101-5a0932c2

スポンサーリンク